交際相手の子供が一緒に風呂に入らないからと暴力!人として生きていく価値0の行為は市中引き回しの上、晒し首。

自分の子供でも殴れるのだろうか?

■交際相手の長女(5)を殴打

交際相手の長女(5)を殴って怪我をさせたとして、兵庫県警高砂署は8日、傷害の疑いで会社員の男(25)を逮捕しました。高砂署の調べに対して男は「一緒に風呂に入ろうと誘ったが断わられたので腹が立った」と容疑を認めているといいます。逮捕容疑は11月27日夜、高砂市内に住む交際女性(25)のアパートで保育園児の長女の両頬を平手で殴り、全治1週間の皮下出血を負わせた疑いです。

■通報によって救われる命

高砂署の発表によると、近所の男性から「子供の泣き声がする」と110番があり発覚、長女は児童相談所が保護しました。最近では、暴行から死に至るケースも多く、近所からの通報があったことや、その通報に対して警察が敏感に対応したことは高く評価されます。幼児が亡くなって「通報があったなら」「通報に対して動いていれば」と言った後悔の言葉を聞くケースは少なくありません、例え無駄になったとしても通報や、それに応じた確認は当然に行われるべきなのです。今回も通報により5歳の女児の命が救われたのです、大袈裟などと思っている方は今までの事例を見てください、ほとんどが暴行の内容エスカレートして幼児は大きな身体的ダメージを負うか、死に至っているのです。

まずは家族である認識が大切、子供も家族

■夫婦は「恋人」ではなく、子供を育てる共同体

また、問題なのは子供に暴力を振るう相手が子供の親の「恋人」であることです。ケース的に多いのが母親の連れ子に対して、相手の男性が暴力を振るうケースです。男性には親としての自覚よりも、母親の恋人である自覚の方が強く、子供を排斥しようとするのです。母親は早期に、その男性の認識を知って対処する必要があります、子供を受け入れることができないなら早い時期に別れるなどの決断をすべきなのです、しかし、往々にして相手方に流され「なにもできない子供」を邪魔者として扱うようになるのです、自分の子供ですから罪悪感があるのは当然ですが、相手に嫌われたくないという気持ちが先に立ってしまい、結果的には子供に負荷がかかってしまうのです。閉鎖的な環境で行われる親からの仕打ちは世間的に知られることはないため、周囲が気が付く頃には悲劇的な結末を迎えることもあります。

■周辺の協力が大切

大切なことは幼児に対する虐待は非日常ではなく、現実的に近くで起きているということです。そして、それを放置することによって状況は悪化し、取り返しようのない結果に至るのです。閉鎖的な環境で独自のルールで繰り返される日常的な幼児に対する“しつけ”と呼ばれる暴力行為は、そのまま収束することはありません。アルコール依存と同じように、段々と酷くなり、対象が潰れるまで繰り返されるのです。助ける方法はひとつしかありません、外部から手を差し伸べることです。今回の例のように、近隣の子供の異変に気が付けば通報することです、間違ってもいいじゃないですか、それが本当に虐待だった時その通報が抑止力となって虐待が止むことも考えられます。通報によって児相や警察が動けば、暴力を受けた子供の身体的な確認をすることもできます。少子化が問題となる中、せっかく生まれてきた子供たちを守れなければ、私たちに未来はありません。

週末には何を見たらいいのか?「陸海空 地球制服するなんて」を見たら“なんちゃって”ランキング番組になっていた。

なぜ、ランキングなのか?

■もう、刺激的な要素はない

放映開始後の「地球制服するなんて」は、部族アース、ドローンアース、ラブアース、イイねアースなど、いくつかの人気企画を生み出しましたが、その後は「世界で一番有名な日本人」とかいう、訳のわからない企画を継続しているようです。確かにナスDを有名にした部族アースのような「誰も見たことのない」刺激的な内容は難しいでしょう、しかし、バイキングの西村を起用したイイねアースのような「いいかげん」旅行記のような企画はありかな思われます。しかし、面白くもない有名日本人ランキングを続けるのはなぜなのでしょう。

■イッテQも、もう終わり。

当初は日テレの「イッテQ」を目指して製作されたのが「地球制服するなんて」と言われていましたが、本家の「イッテQ」もお祭り捏造事件でトーンダウンしています、「橋祭り」という“あっても、なくても”感の強い祭りを創り上げた「イッテQ」その感覚がこれまで番組の視聴率を作ってきたのでしょう、女お笑い芸人が海外で体を張ったロケをする企画も、つい見てしまう企画でした。この空気感を目指したとするならば、今回わかったように「橋祭り」をデッチ上げる才能が必要なのです。ナスDこと友寄プロデューサーのようにガチばかりではだめなのです、どこかにファジーなものが必要なのです。

週末は何をみれば良いのか?

■淀川長治さんが生きていれば

土曜の「地球制服するなんて」、日曜の「イッテQ」ここらへんを見なくなったら週末はいった何を見ればよいのでしょうか?夕方の浅い時間にはNHKのBSで西郷どんを見るという手もありますが、最近は物語が暗くなってきて見たくないという女性の方が増えていると聞きます、私も同感です。週末に何を見ればよいのか、本当に考えてしまうこの頃です。一週間働いて緩んだ感覚の中でボーと見て笑えるような、そんな番組はないものなのか、今更、チビまるこちゃんやサザエさんに救いを求めるのもなんだし、淀川長治さんが生きていれば「日曜洋画劇場」を見ることもできたのですが‥‥

何度か「ナスD」が登場する「陸海空地球制服するなんて」に関して書いてきましたが、本日の予告を見て見たら「スリランカ」で知られている日本人ランキングみたいなものが放送予定になっていました。これまでも外国で知られている日本人ランキングをやっているのは横目で見ておりましたが、継続して“知られている日本人”ランキングをやっていたとは知りませんでした。かつてはナスDを前面に押し出して、ジャングルの部族シリーズで大旋風を巻き起こしたのに、そうですか、そんな感じですか。

しかし、私には最後の切り札“テレ東”があるのです。日曜の夕方からは「モヤモヤさまぁ~ず2」を見れば良いのです。この番組の見事なまでのファジーな感覚は週末のダラダラ

テレビ視聴にはもってこいです。街をぶらぶらと彷徨うさまぁ~ずとテレ東の女子アナ、街ブラ番組は多々あるものの、安心して弛緩状態で見れるのはこの番組だけです。最新の店舗情報などを追うわけでもなく、特別にグルメな飲食店を取り上げるわけでもなく、それでいてボーと見ていられるのです。結論から言うと、変に気合入れて番組作ろうとすると「地球制服するなんて」のように“何をしているか”わからなくなってしまうのです。大切なのは力は抜いているけど「ちょっとした楽しさ」を与えてくれる感覚なのです。刺激の強いアルコール度数の高い飲料よりも、低アルコールで料理に合わせやすい飲料の方が長く飲んでいられるものです。

ぐるなびが選んだ平成最後の「今年の一皿」缶詰が話題沸騰の“鯖”に決定!

引用 オールドルーキー

今年の日本の世相を最も反映し、象徴する食を選ぶ、ぐるなび総研主催の「今年の一皿」が11月6日に発表されました。平成最後の発表となった2018年は「鯖」に決定しました。鯖は北海道地震や大型の台風など日本列島に災害が多かったこの1年で、防災意識の高まりから缶詰、フリーズドライなど非常食の備蓄が高まる中、下処理の必要がない、鯖缶、フリーズドライ食品の価値が再評価されての選出となりました。また、鯖の栄養価の高さや魚性油が成人習慣病に効く良品としても注目されています。 続きを読む

遂に逮捕!渋谷ハロウィ―ン軽トラ横転の犯人、4人を逮捕11人を書類送検。「見せしめ効果」に期待する警察、これで来年は安心?

引用 サンケイ

10月28日に渋谷で発生した軽トラック横転騒動で4人が逮捕されました。社会的な問題として報道されてから1ヵ月、先送りされていたハロウィン騒動の清算が終わります。暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されたのは4人の男性、年齢は20歳が2人と22歳、27歳の4名でした。また、騒動に加わった英国やベルギー、フランス人2人を含む11人も書類送検される方針となりました。 続きを読む

そろそろ止めた方がいいのかもM-1、霜降り明星に勢いはあるが力量は和牛が上では?なぜ、久保田も武智も謝るのか!

引用 M-1グランプリ

先日行われたM-1グランプリでは最年少で「霜降り明星」が優勝しました。コンビ結成から6年目の快挙、ボケのせいやが26歳、ツッコミの粗品が25歳、お笑い界に新星の誕生です。このM-1終了後から、周辺ではいろいろとざわついています、M-1もその在り方を考える時期にきているのではないでしょうか?確かに“日本一の漫才師”を決めるのですから同業者が審査するのは悪くはないのですが、同業だけに問題なる部分もあるのではないでしょうか。 続きを読む

地域で子供を育てる大阪のおばちゃんの心意気「朝ごはんやさん」の活動が胸に染みる、子供食堂もいいけれど1日の始まりを考えたい。

引用 ヤフーニュース

大阪市東淀川区・西淡路小学校の通用門を早朝に入っていく人たちがいます。71歳が3人、76歳は1人の高齢の女性4人組、校庭でラジオ体操をするわけではありません。彼女たちは校舎内で、これから“朝ごはん”を作るのです。しかし、この方たちは給食のおばちゃんではありません、地域のボランティアで月・水・金の週3回、子供たちのために朝ごはんを作っている「朝ごはんやさん」のスタッフだったのです。 続きを読む

入管法が衆院を通過、与党は会期内成立へまっしぐら!これで、ファミレスで待たされることも介護の不安もなくなるのか?

引用 参議院

外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国法改正案が衆院を通過しました。入管制度の歴史的転換となる今国会最大の法案にも関わらず、審議時間はわずかに17時間あまり、野党は「議論が不十分」と批判していますが、与党は来年夏の参院選で業界票を取り込むことを意識し、12月10日までの会期内成立へ突き進む構えです。確かに、現状で足踏みをしていても労働力不足が解消するわけではありません、業界側としては一日でも早く労働力を確保したいと思っています。しかし、拙速な門戸開放は多くの問題を孕んでいることも違いありません。 続きを読む

秋篠宮様怒りを露わに!「それ相応の‥」聞いとるんかい小室さん、日本の象徴親族に泥塗ってタダで済むわけがなかろうが。

引用 毎日新聞

11月30日、秋篠宮様は53歳の誕生日を迎えられました。来年5月に、兄皇太子は新天皇に即位されます。これに伴って、秋篠宮は皇位継承順位第位1位の皇嗣となります。それだけに今回の誕生日会見は、大きな節目を迎える前の極めて大切な会見と位置づけられます。秋篠宮様は記者からの質問に答え、皇嗣となる抱負などについて率直に語られました。しかし、一番の注目事項は長女・眞子内親王の結婚問題に関する発言でした。 続きを読む

本日開店、GUの試着専門店!ZOZOの採寸ボディスーツを駆逐するのか?

引用 GU

ファーストリテイリングの「GU STYLE STUDIO」初の試着専門店が30日(金)に原宿にオープンします。店頭での販売は行わず、客は気に入った商品をスマートフォンなどからネットで注文し、配送してもらう仕組みです。店舗運営を効率化し、実店舗とネットの融合で顧客の利便性を高めていく考えのようです。この夏、話題となったZOZOZの採寸ゾゾスーツが開始された時、ファーストリテイリングの柳井社長は「他に方法がある」と冷やかな態度でしたが、EC店舗へのアプローチ法のひとつの答えが、このスタジオなのかも知れません。 続きを読む

昭和の名優が亡くなっていく、みんな金八か渡鬼しかしらないけれど赤木春江は昭和の大女優でした。

引用 オフィスのいり

赤木春江さんが29日午前5時7分、心不全のため東京都府中市の病院で死去されました、94歳でした。88歳のときに「ペコロスの母に会いに行く」に初主演し、82歳で映画初主演を果たした菅井きんさんの記録を抜いて「世界最高齢での映画初主演女優」としてギネスブックに世界記録として認定されるなど、晩年における活躍も注目を集めました。テレビではよく見られる女優さんでしたが、映画出演は1980年の「二百三高地」以来33年ぶりでした。同映画では第68回毎日映画コンクール主演女優賞を受賞し、孫に車椅子を押してもらい授賞式に出席していました。赤木さんは1940年のデビュー、映画黄金期の当時、赤木さんの映画への出演数は物凄い数でした。 続きを読む