アイコス使ってますか、蒸したばこってどんな感じ?

私が初めて煙草を吸ったのは高校3年の部活が終わってからでしたから、夏の終わりくらいだったと思います。もちろん、未成年ですから吸ってはいけないのですが、周辺の友人は早い時期から吸っており部活が終了した気の緩みもあって、誘われてつい手を出してしまいました。

最初に吸った時には、「こんなに気分が悪くなるものを」と思いました。臭いがきついし、気分は悪くなるし、自分には合わないと感じました。しかし、友人宅で受験勉強している合間とか、喫茶店で雑談中とかに「お前もどう?」と差し出され、それを吸っていくうちに本物のスモーカーになってしまいました。

ニコチン依存とは恐ろしいもので18歳の秋から30年以上、煙草を吸い続けることになります。とにかく吸ってました、酒は飲まなくても煙草を吸わない日はありません、風邪をひいて高熱があるときも、マラソンで走って息が上がっているときも、とにかく吸わずにはいられませんでしたし、喫煙をやめるなんてことは考えたこともありませんでした。

数年前、血糖値が高くなりました。医師からは食事制限や運動療法もさることながら、まず、煙草を止めるように指導されました。禁煙外来に3度通ったあげく、なんとか「吸わずにおく」ことができるようになり、現状は非喫煙者として過ごしております。

大学まで体育会に所属し煙草なんか吸ったことがなかった息子が社会人になって喫煙するようになりました。自分が吸っていたので「止めろ」とも言えず「吸いすぎには注意しましょう」とJTみたいなことを言っています。

そんな息子がある日、奇妙なものを咥えていました「アイコス(IQUOS)」という製品です。煙草なんですが、煙が出ず有害物質も90%以上カットできると言っておりました。少々、臭いはするのですが部屋で使用しても副流煙の心配もないようでした。

NETで見るとフィリップ・モリスが次世代の煙草として5000億円以上の開発費を投入して作り上げた製品で、日本国内でも売り切れが出るほどの人気とのこと。加熱してニコチンだけを取り込む仕組みになっており、ヒートスティック(20本/460円)と呼ばれるものを本体に装着して使用するらしいです。

私は禁煙期間中にニコチンガムでニコチンを摂取して医師から怒られました「ニコチン中毒がニコチン摂って中毒は治らんでしょう」その通りなのです。ガムを噛めば噛むほど数が増えていき、結局は喫煙よりひどい状態になってしまいました。

息子は短期間でアイコスは止めてしまったようです。晴れた日はべランダに出て気持ちよさそうに煙を吐き出しています。まあ、いいんじゃないかと思います。思う存分ニコチンを取り込んで、中毒になって、自分で健康を考えてきっぱり止めるときが来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA