五右衛門風呂に入ったことはありますか?

五右衛門風呂をご存知ですか?おそらく人口密集地区ではガス温水器が普及していたので、実際に五右衛門風呂を使ったことがある人はほとんどいないのではないでしょうか。そもそも、五右衛門風呂を知らない方もいると思います。五右衛門風呂は、安土桃山期に大泥棒として名を馳せた石川五右衛門が大釜で煎り殺されたことから由来しています。鉄製の湯船をそのまま加熱するため、五右衛門風呂と呼ばれるのです。

昭和期、まだガスが普及していなかった頃には薪を使用した五右衛門風呂を利用する家庭がまだありました。私の家も、私が小学生の頃までこの五右衛門風呂を使用しており、風呂を沸かすのは私の仕事になっていました。ひとつ年上の兄がいたのですが、不器用だったのか火を付けたり、その火を維持するということが出来なかったため、いつも私が風呂当番でした。

風呂を沸かすときには、火をくべる竈の部分の両側に大きな薪を入れ、その間に着火用の新聞紙か枯れた杉の葉を置きます。着火剤に火をつけて、細い薪をその上に乗せていきます。だんだんと火勢が出てきた時点で通常の薪を投入し、そのまま火力を保ちます。単に火を燃やすだけなのですが、この簡単な作業がなかなかできないのです。風呂が焚けるようになれば、たき火くらいは簡単になります、キャンプに行かれる方はわかると思いますが、火をコントロールするのは意外に難しいことなのです。

五右衛門風呂は鉄釜とセメントで作られます。年数を経てくると、だんだんとセメントの部分が弱くなって、鉄釜の露出部分が増えていき、焚口からの火が鉄釜に広く当たるようになってきます。こうなると焚口に近い側が高熱にになり、風呂に入って湯をかけると「ジュ‼」という音とともに蒸発していきます。この状態が、五右衛門が煎り殺された状態なのですが、使っている側からすると不思議と「風呂」なのです。

今考えると恐ろしいような気もします。人が入っているときに焚き続ければ本当に煎り殺すことになってしまいます。ちなみに入る時には木の板があって、それを沈めてその上に乗るのです。ものすごく熱い時には、裏口から出るとすぐに小川があり、そこの水をバケツですくってお湯を薄めていました。ただ、時々すくったバケツの中に小さな魚が入ってきて、それで遊んでいるうちに湯冷めしたことがあります。不便で大変な思いでですが、またどこかで沸かして入ってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA