集客日本一「博多どんたく港まつり」へ行こう

毎年、GW期間中に多くの人を集めた場所やイベントが発表されますが、1位は例年「博多どんたく港まつり」です。5月3日~4日の2日間で開催され、毎年200万人を超える観光客が訪れます。歴史的には800年を超える古い祭りでパレードには200を超える団体が参加します。私も福岡の現地企業に勤めていた頃、2回ほどパレードに参加したことがあります。全社員参加で事前に数回練習(振付)した上で参加しました。朝から待機場所で待機して時間になればみなで移動して、広い道路で「素人」踊りを披露します。

私にはこの祭りが大きな集客力を持つ意味がわかりません。決して「どんたく」を悪くいう訳ではありません、おそらくはパレードというものに馴染みがないのでしょう。いろんな団体が参加します「保護者付の幼い子の集団」「他の地区から来た民族舞踊」「若者のパフォーマンス集団」と様々な”出し物”が大通り上で繰り広げられます。

大通りのパレードがメインとなりますが、大きなイベント会場を用意してタレントのコンサートを行ったり、地元鉄道会社が「花バス」を出したり(※もともとは花電車として、電飾で飾った市内電車を走らせていたが昭和50年に路面電車の廃止とともに終了。昭和53年からは電車にかわりバスを利用した「花バス」を走らせている。余談であるが花バスの運行会社である西鉄さんはバス保有台数世界1を誇っている。)と他にもいろいろな催しものが行われます。

7月には「山笠」が行われます。山笠は地元の各地区が”山”を担いでレースを行い、それを観戦する形になりますので「どんたく」のような一般参加型の祭りではありません。私的には山笠の「おっしょい」コールの方が血が騒ぐのですが、「どんたく」が多くの人を魅了するのは、みんなが参加できる祭りだからでしょう。スペインの「牛追い祭り」や「トマト祭り」と同じように参加できることが魅了です。

うーん、私は、私だけの意見ですが、大通りを踊りながらパレードするよりも牛を放して逃げ回り、トマトを持ってぶつけ合いたいのですが、どこか1区画、そんなエリアを考えていただけないでしょうか。

いよいよ明日からです。パレード見て、ビール飲んで鳥皮食べて、「どんたく」を「博多」を楽しんで来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA