ゴム動力飛行機とグライダー

昭和の子供であればほとんどが小さな頃、「ゴム動力」の飛行機を作って飛ばしたことがあると思う、主な材料は竹ひごで翼には紙を貼って飛ばした。おもちゃ屋に少し厚めの長細い紙袋に入れて売っていた、子供の事だからあまり難しいことも考えず出来上がれば飛ぶものだと思い、細部をいい加減に仕上げてしまうと上昇せずに低空で数メーター行って落ちたり、右にばかり曲がったりと、なかなか上手く飛んでくれませんでした。

材料が竹ひごという、竹を細く丸くしたものを使って主翼と尾翼を作ります。材料的には必要本数しか入っておらず、失敗すると出来上がらない悲惨な状態になるため、この竹ひごを使用するときの緊張感はなかなかのものです。フレームを竹ひごで組み翼型は木製バルサを使用します。翼が出来上がれば、それに紙を貼って終了です。紙はピンと張っていないといけませんので、これも貼る時にはそれなりの緊張感です。

そうなんです、昔のゴム動力飛行機作りは予備のない材料をきちんと使う必要があったのです。なんか、貧しい感じがしますが「この感じ」をしっかり覚えこまないとプラモデルに進むことはできないのです。プラモの話はまたとして、ゴム動力飛行機は完成後刈り終わった「田んぼ」で飛ばすのが通例でした、山間部の田ですから段々になっており、できるだけ上の段から飛ばします。しかし、苦労して作ったのに刈り取った稲の跡に翼が激突して破れるなど、その製作手間の割には活動期間が短いといったことは常でした。

あまり知識がなかった私は、ゴム動力を使用することが間違っていると考えるようになりました。結果、動力を使わないグライダーを制作することになります。それまで細い角材を胴体に使用してゴム動力飛行機を作ってきたのですが、グライダーになると胴体の構成も少々立体的になり、飛行機としての形になってきます。作っている間に妄想が大きく膨らんで、風に乗ったそのグライダーがどんどん上昇して、遠くまで飛んで帰ってこない姿を何度も思い浮かべました。

完成して棚田の最上段から飛翔、上へは上がらずスーと棚田を斜めに滑空して地面で大破して終わりました。製作日数1週間、滑空時間1分ないくらいです。後に、グライダーはタコの要領で牽引して上空まで持っていってワイヤーを離し、その後に滑空するものだと知りました。

小さい頃、少ない資源で飛行機を飛ばしていたというお話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA