既に季節は外れた感がありますが、水炊きです。

最近、博多といえば焼き鳥だとか、餃子だとか、「知らなかったけどおいしいのね」的な話がテレビなどで取り上げられてはおりますが、博多を代表する正統派の料理と言えば「水炊き」です。??と思われるかもしれませんが博多の郷土料理は「水炊き」なのです、水炊きは歴史的には関西風と博多と二派に分かれ出汁や内容物の違いがあります。関西は混布だしを使用しますが、博多は鶏だけを水から煮たたせます。

今では日本全国で食べられるようになったので、その作り方も具も様々です。しかし、博多の「水炊き」は鶏にこだわり独自に仕入れたものを使用しているようです老舗では東北で育てたプリマスロックを使っていると聞いたことがあります。とにかく白濁して白湯になるまで鶏を炊き上げるのですから、鶏にこだわるのは当然です。最近では華味鳥というブランド鶏を使った水炊き屋さんが有名ですが、こちらも初期の頃は精肉店に「華味鳥」を卸す食肉メーカーさんでした。

博多で水炊きが好まれるのは豚骨と同じように”濃厚”なスープが好まれるからでしょう、最初にお猪口に白湯を注いでもらって少量の塩を入れてスープで飲むと非常においしいです。そのまま、何杯でも飲んでいたい気になります。その他の具は、鶏肉団子、キャベツ、春菊、シイタケ、ネギ、豆腐などです。

もともとは、長崎で生まれた林田平三郎という人が1897年、15歳で香港に渡り、英国人の家に住み込みで料理の勉強をしていて、帰国後の1905年に現在の博多水炊きを完成させ、専門店水月を開いたのが起源という説もあります。

1910年(明治43年)に博多で創業し、白濁した汁の鶏の水炊きで人気を得た料亭新三浦は、後に東京、大阪、京都などにも店を出し、「博多水だき」の名を各地に広めました。五木寛之さんの小説にも登場し、各方面の有名人が利用するお店としても有名です。

水炊きはがめ煮とともに福岡県の郷土料理とされていますが、いまひとつ話題にならないような気がしています。まあ、夏だから食べてはいけないということはありませんので、ぜひ、夏のコースでも味わいに行かれてください。(ほんとに夏季限定会席コースがあるようです)

〇「水炊き 新三浦 築地本店」東京都中央区築地1-8-1)03-3541-0811

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA