名古屋に「ジブリパーク」ができるそうだ

5月31日、スタジオ・ジブリの鈴木敏夫プロデューサーと愛知県の大村秀章知事が名古屋市内で会談し、愛知県長久手市内の「愛・地球博記念公園」を「ジブリ・パーク」に生まれ変わらせることで大筋合意したそうです。先日は宮崎駿監督の引退撤回報道で盛り上がりましたが、今回は地域開発ですか、スタジオ・ジブリはアニメ製作だけではなく元気がいいようです。ジブリは既に「三鷹の森ジブリ美術館」の運営で実績も持っており、200ヘクタールの広大な用地にどんな世界を創りあげていくのか楽しみです。

基本的には自然を活かす形で整備を行い、伐採などの開発は行わずに「となりのトトロ」の世界観を再現していくそうです。オープン予定は2020年、東京オリンピックと重なり、海外からの多くの観光客も期待されます。ジブリ作品は海外でも人気が高いので、名古屋へ海外から観光客を呼び込む絶好の材料となるでしょう。

愛・地球博記念公園は県営で、昭和45年に開園した愛知青少年公園が前身です。2005年に愛・地球博(愛知万博)が開かれ、日本庭園、多目的広場、観覧車などが整備されています。実はこの記念公園はジブリとの縁は深く、地球博の際には「となりのトトロ」に登場する昭和30年代の家を再現<サツキとメイの家>として公開し、人気を集めました。その後も2008年に「ジブリ展」、2015年に「ジブリの大博覧会」を開催し、ジブリとは深い関係を保ってきました。

三鷹の森ジブリ美術館の入場者は年間約70万人だそうです。現在の美術館敷地面積の数十倍の大きさで展開される「ジブリの世界」を考えたとき、ファンは興奮が止まらないのではないでしょうか。私が初めて宮崎監督のアニメ作品を見たのはルパン三世「カリオストロの城」が初めてでした、そのときのキャッチコピーが「前作をしのげないのなら2作目を作る意味がない」でした。きっと三鷹の美術館よりもすばらしい空間を創りあげてくれると期待しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA