キイ・ハンターの名女優、肺腺癌で死去。冬彦さんも寂しかろ

また好きな女優さんが亡くなりました。「キイハンター」や「ずっとあなたが好きだった」など多くのテレビドラマで活躍した女優の野際陽子さんが13日に死去したことが15日分かりました。81歳でした、既に通夜や葬儀は終了されたそうです。今も放送中の「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)にもレギュラー出演されており、突然の訃報には驚かされました。HNKで先輩だった黒柳徹子さん(83歳)も「ほんとうにお友達がいなくなった」と悲しみを語っています。

野際さんの病気は「肺腺癌」、肺と癌と聞くと喫煙者が連想されますが肺腺癌は喫煙との因果関係は薄く、非喫煙者や女性の発症例が多いようです。また、肺の末梢(気管支のの細い部分)に発症するケースが大変多く、末梢型肺癌や肺野型肺癌となることがほとんどです。そのため、中心の太い気管支に近い肺門部に発生することは稀で、通常のX線検査で発見しやすい傾向にあります。肺腺癌は末梢部分に発生する肺野型型癌として現れることが多く、初期段階で自覚症状を感じることはできないそうです。このように咳や胸の痛みなどもほとんどないため、定期的ながん検診や健康診断などで偶然見つかるケースが多いのだそうです。

野際さんはNHKのアナウンサーから女優に転身し、1966年にはパリに留学しました。帰国後はなんとミニスカートを取り入れた最新ファッションで世の中を騒がせたりもしました。68年には「キイハンター」(TBS系)がスタート、番組内でアクションを演じる他、テーマ曲も歌うなど多彩な活躍をします。1973年にはキイハンターで共演した千葉真一(78)さんと結婚、野際さんはテレビで「当時はけじめとして必要だったので結婚しましたが、今のように同棲に抵抗が無い時代だったら結婚なんかしていません。あまり結婚に対して意識はないんです」と語っていました。今回、最後のお別れは元夫の千葉さんと娘の樹里さんのおふたりだったということです。

ご存知のように「ずっとあなたが好きだった」では佐野史郎さん演じるマザコン男「冬彦さん」のエッジの効いた母親役を演じ「TRICK」では14年にわたって仲間由紀恵さんのユニークな母親役を演じられました。野際さんの演じるキャラクターは別の女優さんが演じることのできない”野際さんが創る”役だったと思います。また昭和の名優がひとり亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA