料理研究家の森崎友紀さんの旦那さんは友寄隆英GPです。ほら、何でも食べる”ナスD”ですよ!

最近テレビは変わったと思っています。タレントの方があちこち行って、その経験をロケしてってパターンは古くなって来たようです、今ではテレビ製作のスタッフが番組に出演するのが当たり前のようになってきています。以前であれば、局のアナウンサーやADの若い方がキャラクターを活かして出演するくらいのことはあったのですが、この頃では、今までの出演者のプレゼンスを覆す、凄い人が現れています。

私の一押しは「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(テレビ朝日 毎週火曜 23:15~)の『部族アース』に出演されている友寄隆英ゼネラルプロデューサーです。最初に番組で見た時には、未踏のジャングルに暮らす部族にも臆せず、出されたものは速攻で食べ、その様子から使い走りのADさんかと思いきや、フリーから2003年にテレビ朝日に途中入社した、たたき上げのテレビエリートとのこと、びっくりです。

テレビ朝日に入ってからは36歳でゼネラルプロデューサーとなり「いきなり黄金伝説」「ぷっすま」などを手掛けています。出身は兵庫、生まれは1972年と、今のところ知りえる情報はその程度ですが、この番組はどんどん話題になっていくと思いますので、友寄GPの情報もたくさん出てくるようになるでしょう。そうそう、もう一つネットで目にしたのが、料理研究家森崎友紀さんの旦那が友寄GPということです、まぁ黄金伝説とかで仕事をいっしょしているので、ありかなとは思います。なんでも森崎さんのツィッターに「旦那がジャングルから戻った」という内容があってバレたらしいです。

先回までを見ていない方がいると「なぜこの人は色が紫なの?」ってことになると思いますので、ダイジェストでお伝えしておきます。友寄GPはピボ族の村に取材に行き、美容に良いとピボ族のおばちゃんの言葉に乗せられて”ウィト”という果実の汁を肌に塗ってしまいます。本人は美白効果があると思ったらしいのですが、その逆でタトゥーのインクに使われる果汁で、塗ってすぐに黒くなり、時間が経過して紫に見えるようになりました。そのため、ナスDと呼ばれているのです。

先週12日放送分ではジャングルで作られる度数の高いアルコールを数十杯もがぶ飲みし、川を行くヘンリー号ではワニを皮ごと食らい、寝ずにオカマのコックを取材する友寄GPの姿が見られました。番組終盤では倒れてしまい「どうなる~~!」で終わってしまいました。続きは今晩、見ましょう。こんな番組が見られるようになったのは時代のせいかもしれません、なんとなくテレビの新しい価値を見つけたような感じです。

関連記事

〇大アマゾンスペシャル直前 ナスDこと友寄隆英ディレクターを応援してNo.1視聴率を‼

〇ウィトはタトゥーインクにも使われますが果物なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA