モスバーガー 本日発売、期間・季節・数量限定メニュー。にくにくにく

モスバーガーさんが6月21日から27日までの期間限定で肉を肉で挟む「にくにくにくバーガー」を発売する。モスのライスバーガーのライス部分をパティに変えて、さらにテリヤキチキンとレタスを挟んだボリュームある商品です。価格は850円(税込み)で発売されます。この商品は、「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)の人気企画「没メニューレストラン」第3弾に登場した没メニューです。

6月20日のダレトク放送分では、モスバーガーの「没メニュー」6商品を、有吉弘行のほか、ゲストの博多大吉、山崎弘也、滝沢秀明、泉里香、藤田ニコルらが試食、「にくにくにくバーガー」の発売が決定しました。商品はバンズの代わりにパティでテリヤキの肉を挟むというもの、糖質制限を意識して企画された商品とのことです。番組ではボリュームがあるにもかかわらず女性ゲストからも高評価だったため、販売商品として選ばれたようです。

ご存知かとは思いますがモスバーガーは日本発祥のハンバーガー提供企業です。創業は1973年、東京都板橋区成増に1号店をオープンさせます。マクドナルドが日本に進出し銀座三越に1号店をオープンして2年後のことです。しかもオープンさせた店は2.8坪で地下にありました。創業者である櫻田、渡辺、吉野の三氏は日興証券の出身で、まったく飲食業の経験はありませんでした、ロケーションがさほど良くないにも関わらず初号店は売り上げを伸ばしていきます。(成増に現存)

モスバーガーが日本国内において独自の位置を保ち続けているのは、そのハンバーガーに対する考え方が我々日本人に適したものだからなのでしょう。モスでは自店のことを「ハンバーガーレストラン」と位置付けています。他のハンバーガーショップは「ファスト」フードを販売するための店舗です。モスの最大の特徴は、素材を厳選し、注文を受けてから作る「アフターオーダー方式」など、スローフードの要素を取り入れていることです。

モスバーガー
にくにくにくバーガー 850円(税込み)

日本人の好みに合ったハンバーガーを作るというコンセプトのもとオリジナル商品を提供し続ける”モス・バーガー”。MOSのMは山、Oは海、Sは太陽を意味しているそうです。「山のように気高く堂々と、海のように深く広い心で、太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って」にくにくにくバーガーを作ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA