水素温熱免疫療法による治療に厚生労働省が一時停止命令を出しました。

今朝「首藤クリニック」という言葉が飛び交っていたのでHPを探してみましたが、既にHPは閉鎖されたようで見当たりませんでした。この首藤クリニックでは水素風呂を使った治療を行っっていました。6月に亡くなった小林麻央さんも通っていたとの噂があり、女優の高畑淳子さんはテレビ番組でも紹介していました。今回、厚生労働省が業務停止命令を出したことが話題となっていますが、それは水素水の効能を誇大広告していたからのようです。

水素水に関する記事を探していて、首藤クリニックが製作した動画を見つけました。動画の中では「癌治療」に効果があることを謳っています、全身を温めるとHSP(ヒートショックプロテイン)が体の中で生産され、このHSPがさらに悪い部分の改善に寄与するのだそうです。要は「体温を上げれば免疫力が上がり、癌も治っていく」ということらしいです。ってことは、自身で病気を治すってことではないのでしょうか?

クリニックでは初回15,000円、2回目以降が1回あたり50,000円で、1回20分の高濃度風呂入浴です。クリニックでは週に2度の入浴を推奨していましたので、月にすると40万円の費用がかかることになります。一般人には払うことが難しい金額です。問題は、首藤クリニックの水素風呂は治療目的で作られたものであり、癌にも効果があると説明されていることです。本当に効能があるのであれば病気に悩む人は高額であっても、試してみたいと思うはずです、しかし、その効果が実証されていない為、今回のような騒ぎになったのではないでしょうか。

私の息子が高校生の頃、運動部に入っていてそこの監督さんに鍼灸の先生を紹介してもらったことがあります。正確には紹介ではなく、行くように半強制だったのですが、息子は骨に発達障害があり両足の成長が揃っていないと言われました。その治療が驚くものでした、その鍼灸師は奥から革靴を出してきて息子に履かせたのです「室内を2~3分、歩いてみて」私はア然としました。

靴を履いて歩くだけで治る?また、レントゲンを撮るといって機器をいじっていたのですが、機械に電気が来ていない状態で機器をみていました。この鍼灸師のところには1日に数百の患者が来て、中には重度の癌から回復したと言う人もいました。さて、靴を履いた結果ですが鍼灸師は「だいぶ良くなったね」と言ってましたが、私には変わったようには見えませんでした。この鍼灸師は監督からは絶大な信頼を得ており、生徒はみなここへ連れてきているようでした。

私は以降、息子をこの「サイババ」のような鍼灸師のところへは行かせませんでした。確かに民間療法的なことで治癒する事例があるかもしれませんが、患者の治りたいという気持ちを利用して治療を行うのはどうかと思います。今回の水素の件は、もっと効能を明確にすべきだったと思います「体にいい=病気が治る」ではないと思います。「体にいい」ものと「病気を治す」ものとは境界を明確にすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA