福岡で記録的短時間大雨情報、朝倉市、東峰村、120㎜以上の猛烈な雨

自分が育った地域がメジャーな地域であれば、ことにつけ何か情報があるのでしょうが、地方の小さな地域などでは全国区で名前が知られるようなことは、そうそうありません。しかし、今日はびっくりしましたYahooのリアルタイムに朝倉市、嘉麻市、東峰村と私の出身地域が出ているのです。何事かと思って見たら記録的短時間大雨情報とのことでした。

福岡県紙「西日本新聞」によると「気象庁は5日午後3時47分、福岡県久留米市と東峰村付近で猛烈な雨を観測したとして『記録的短時間大雨情報』を発表した。いずれもレーダーによる解析で、1時間に約120ミリの雨が降ったと見られる。」=2017/07 /05  1時間に100ミリを超える雨が降るということは大変なことです。1㎡に100ミリの雨が降った場合、水の量は100リットル(重さにして約100㎏)になります。「1日で100ミリの降水量」というのは「1日で雨が水深10㎝まで溜まる」という意味になります。これがたったの1時間で降るのですから堪ったものではありません。

東峰村は標高が高く山間地の盆地です。福岡の水瓶として有名な「江川ダム」の上流に位置します。「江川ダム」はアーチ型のダムとしては日本国内では黒部ダムに次ぐ大きさです。現在、さらに上流に新しいダム(小石原川ダム)を建設中です。久留米が平地側筑後川水系の水源だとすれば、こちらは山側の水源ということになります、今回皮肉なことにその両方の水源に記録的な大雨が降ったことになります。

東峰村は山間部なので雨期に大量の雨が降ると土砂崩れなどの災害が心配されます、冬季には福岡で最初に道路が凍結するのもこの地域なのです。そんな山間部にバケツをひっくり返したような雨が降ったということは、その足元の朝倉市や嘉麻市の状況も心配されます。両市ともに大雨地域になっていましたので、上流からの水災害というよりも直接的な被害の方が心配されます。ちなみに嘉麻市は将棋の加藤一二三・九段の出身地、朝倉市は吉瀬美智子さんの出身地です。

どうせ全国区で名前が出てくるのであれば、もっとおめでたい話題にしてもらいたかったです。朝倉市、嘉麻市、東峰村、久留米市、記録的短時間大雨情報がだされた地域のみなさんには、ご無事をお祈りしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA