梅雨明け、夏本番です!熱中症に注意して温度調節と水分補給を行いましょう。

梅雨が明けました。って言うか梅雨があったかどうかさえわからないくらい、雨の日が少ない梅雨でした。でも、雨は各地で集中的に降ってるんですよね、いったいどうなっているのか。これからは本格的な夏です、気象庁の予想では猛烈な暑さが予想されているようです、こうした状況で一番心配されるのが「熱中症」です。熱中症とは、暑熱環境下で身体が適応できずに起こる状態の総称です。基本的には脱水による体温上昇と、体温が上がることによる血流低下と多臓器不全です。

表面的な症状はめまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分の悪化、体温の異常な上昇、異常な発汗、などがあります。また、熱中症が重度の場合、死亡することもあります。熱中症はその症状により、軽症から重症までの3段階に分けられています。重症になった場合には致死率は30%にもなると言われています、発症して適切な処置を行わなかった場合には脳機能障害や腎臓障害の後遺症が残ってしまうこともあります。

屋外で活動中に発症することが多いと思われていますが、猛暑が続く状況では屋内の温度が下がらず、家の中にいても発症するケースがあります。高齢者のひとり暮らしで空調がないような場合には気をつけなくてはなりません。以前、会社等で「省エネ温度設定28℃」と盛んに言われた時期がありますが、現在は推奨されていません、湿度が高かったりすると28℃でも熱中症になる人が出るからです。現在は、外気温マイナス5℃くらいが目安とされているのではないでしょうか。

熱中症には事前対策が必要です、気温が28~31℃になったら積極的に休憩を取り水分を補給しなくてはなりません、これより高い温度帯の環境で運動や作業を行うことは危険です、まずは温度を下げるか、別環境に移ることを考えてください。

いったん熱中症を発症すると、軽症の場合は元に戻すことが可能ですが中症~重症の場合には重篤な状態になる場合もあり危険です。肉料理を想像してみてください、一旦茹でたり焼いたりしたものは元の生肉には戻せません、通常ではない熱が人体に加えられれば同じようになってしまいます。熱によって破壊されるのです。

これから夏本番、猛暑が予想されています。くれぐれも温度調節と水分補給には気をつけてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA