イモトアヤコさんの本業がいまだに良くわからないのは私だけ…

井本絢子さんを初めて見たのはテレビで「イッテQ」の珍獣ハンターのコーナーでした、セーラー服を着て太い眉毛をした女子がコモドドラゴンと一緒に走るのです、その芸人的ではないリアクションや、一般人とも違う感性に違和感を覚えていました。その後は登山部ということで世界の名峰に本気登山し、爬虫類との接近に泣き、いったいこの人は何が本業なのだろうと思っていました。

かつては女芸人としてお笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーさんとコンビを組んで「東京ホルモン娘」の名前で活動していたそうです。まだ、立教大学に在学中のことです。このコンビで2006年のM-1にも出場したそうですが、それは酷い結果で、すべりまくっていたそうです。その後、日テレでオーディションに合格して「世界の果てまでイッテQ!」で珍獣ハンターとなるのです。

実は私、イモトさんを生で見たことがあります。六本木の高層ビルにオフィスを構える日本のトップアパレルブランド本社へ営業に行ったときのことです。受付のエントランスでテレビの取材クルーといっしょに入って来るイモトさんを2~3mの近距離で拝見しました。その時は太い眉ではなく、通常の眉をされていましたが、衣装はセーラー服でした。まぁ、特段目立つでもなし、よく言われるオーラ的なものが出ているとも感じませんでした。逆に、生真面目そうな人柄さえ感じさせるおとなしい感じの人でした。

今日も「ヒルナンデス」の女優メシに出演されるということでツイッターを賑わせておられましたが、「カワイイ」とか「美人化が止まらない」とかコメントが付いていましたが、そんなことはないと思います。太眉毛状態のイモトさんに比べれば女の子を感じさせられますが、一般レベルより抜きんでているとは言いがたいのではないでしょうか。

私の認識ではイモトさんのように、その本業が明確でない人が増えているような気がするのです。タレントさんと言ってしまえばそれまでなのですが、何の”才能”があるのかということです。世界の高峰を登る姿を見ていると、一般人の感覚ではできないことですから異能の人に見えます、しかし、珍獣ハンターとしてのイモトさんには特異な能力があるようには見えないのですが、見ているだけで楽しいキャラも持っていることが異能なのでしょうか。まぁ、これまでになかったキャラということが尊いのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA