「くたばれレッズ」と言っておきながら身の安全を警察にお願いする上西氏の態度をどう思いますか?

「やめてくれ~!」と浦和在住の私としては言いたい、今日も焼き鳥屋「力」では上西議員を罵倒する言葉が飛び交うのでしょう。良識ある浦和市民のみなさんは浪速の狂犬(いや失礼、難波のエリカ様)がまた咬んで来たと思っていることと思います。先般、ドルトムントとの試合で敗れたレッズに対して悪態をついた上西議員がまた、浦和をツィートで攻撃しているようです。

この方には学習能力はないのでしょうか?既に維新も離れて”野良犬”的存在になっているため、誰も注意してくれないからでしょうか。そういえば、芸能プロダクション上がりの有能な秘書の方がいらしたじゃないですか、止めなきゃでしょ。先般も言いたいだけ言って「殺す」「さらう」などの脅迫が来るようになると、警察に駆け込んでましたよね、警察の方も注意しましょうよ「口は災いの元」だってことを。

今回、上西議員は先の件に関し浦和レッズ側に面会を申し入れたが拒否されたとして「日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末」「話をしないというのは怠慢」だとさらなる批判を繰り出しています。

22日、今日はさらに「大阪事務所に浦和レッズファンを名乗る人間が押しかけてきました」と上西議員がツイート。「正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」と強気の対応を見せる構えです。

雑誌『FRIDAY』誌提案の企画としてレッズの試合を観戦に行く話があるが断っているそうです「レッズサポーターがこの程度の低レベルなら行ってもいいと思う」「レッズの試合を観に行く企画、受けてもいいですよ」と上西議員はツィート、最後に「くたばれレッズ!」と罵倒する言葉で締めくくっていました。

う~ん、私たち浦和市民は一致団結して、この上西災害を切り抜けましょう。【勝手にぶつかって来て「どうしたんですか?」と聞いたら、『自分からぶつかってきたくせに、その態度はなんだ!まず、謝るのが筋だろうが。』】みたいな話です。選挙を考えての売名行為なのでしょうか、悪目立ちでも目立てば良いということでしょうか。

うんざりです。相手にするのはやめましょう、議員が市民の代表であるならば、市民が議員を議員であると認めなければ、議員は単なる非常識な30女になってしまうのです。無視することこそが最上の策ではないでしょうか。

●関連記事

※ 上西議員、炎上騒動は映画の前振りじゃなくて単なる失言

※ 西の上西か東の豊田か、どうして国会議員は問題になる?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA