2017 年のペルセウス流星群は8月13日4時くらいがピークになります。

夏の夜のお楽しみが始まります「ペルセウス座流星群」の観察時期がやってきました。ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。この流星群は、毎年、ほぼ確実に流星が出現するため、とても観察しやすい流星群とされています。1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれています。条件が良ければ最大で40個以上の流星を見ることができます。

来月の流星群観測に向けて、いろいろと準備が始まっているようです。例えば、この流星群を観測するアルバイトの募集なんかも出ています。以下、その募集内容です。

『8月13日にピークを迎えるペルセウス座流星群の観測をサポートするお仕事です。日本の電波天文学の「聖地」と呼ばれる”国立天文台 野辺山宇宙電波観測所”にて、自然に囲まれながら流星群を観測し、撮影していただきます。無事に流星群が観測できるようチームの一員として支えてください!当日はスタッフがサポートいたしますので、安心してご応募ください。』

アルバイト料もかなりの高額のようです、天文好きにとっては一石二鳥のお仕事ではないでしょうか?

さて、具体的な観察に関してですが、今年は8月12日から13日にかけての夜に多くの流星が見られそうです。また、13日から14日にかけての夜も、ある程度の数の流星が出現すると考えられています。今年の極大は、日本時間の8月13日4時頃と予想されています。その頃、日本ではペレセウス座流星群の放射点が高く昇り、多くの流星が出現することが想定されます。このため、12日から13日にかけての夜は、最も多くの流星が見られると予想されています。それから、翌日の13日から14日にかけての夜も、ある程度の数の流星の出現が考えられます。

極大時の前後で天候が良いとは限りません、ペルセウス座流星群は活発な状態が長く続くことも観測がしやすい点のひとつです。8月7日くらいから15日頃まで、活発な状態は続きます、出現する流星の数は極大日から離れれれば離れるほど少なくはなっていきますが、通常よりも多くの流星観察が楽しめることは確かです。なるべく長い期間、長い時間で観察して見てください、それだけ流星を見るチャンスは増えるはずです。時間的には午前3時以降、空が明るくなる前くらいが多くの流星の出現時間帯かと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA