北部九州は元気でしょうか?「うまかっちゃん」食べて頑張りましょう。

うまかっちゃんは、ハウス食品から発売されている袋麺(インスタントラーメン)です。正式な商品名は「九州の味ラーメン うまかっちゃん」、1979年9月12日に九州限定のトンコツ味ラーメンとして発売が開始されました。この商品はハウスの福岡工場の社員が自社製品の醤油味ラーメンを食べないことから、トンコツ味好みの九州人に向けたトンコツ味のラーメン開発を工場長が進言し、開発担当者も地元出身者だけで固めて開発に着手しました。

「うまかっちゃん」のネーミングは福岡市出身のグラフィックデザイナー・西島伊三雄さんが命名しました。(西島さんは松本清張さんの友人でもありました。)「うまかっちゃん」は博多弁で「おいしいんだよ」の意味、博多祇園山笠をテーマにしたパッケージデザインも西島氏が手掛けられました。またネーミングの第一候補として「こらうまか」も上がっていたということです。

そして発売から半年で地元インスタント麺で高いシェアを誇っていたマルタイを抜き、袋麺ではトップシェアとなります。以降、北部九州地域においては首位を独走しています、いまだに「うまかっちゃん」をマルタイの製品だと思われている方も多いらしいです。マルタイは「棒ラーメン」で有名な会社です。

発売当初は豚骨の1種類しかありませんでしたが、今ではバリエーションも増え『博多からし高菜風味』『久留米風トンコツ』『熊本火の国流とんこつ香ばしにんにく風味』『鹿児島黒豚トンコツ』『坦々とんこつ』『<辛口味>復刻版』『<魚介とんこつ>』『<辛みそとんこつ>』『海老みそとんこつ』『めんたいトンコツ』『焦がし醤油とんこつ』などの商品が販売されています。基本的にすべて”トンコツ”をベースにしたものです。

私、先ほど昼食に『熊本火の国流とんこつ香ばしにんにく風味』をいただきました。福岡の母がナスと一緒に送ってくれたものです、そうなんです。北部九州の人たちは「うまかっちゃん」は地元でしか販売されていないオリジナル商品だと思っているのです。確かに製造は福岡工場だけなのですが、どういうわけか近所のスーパーなどで時折販売しています。昨年の8月以降は、ハウス食品のロゴ入りで販売されているため、流通ルートが拡散されているのかも知れません。

もう学生ではありませんが、福岡から「うまかっちゃん」が送られて来るのは嬉しいものです。災害に遭った地区でも、きっと「うまかっちゃん」を食べて頑張っていることと思います。ハウス食品さん、どうか被災地に大量の「うまかっちゃん」をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA