「サッポロ一番」は札幌で作れているわけではありません、でも、福岡でも作っとるとですたい。

私は袋麺で一番好きなのは「うまかっちゃん」なのですが、「サッポロ一番」は序列の問題ではなく好きです、と言うのがある程度の期間で食べたくなる味なのです。どこと比べるっていうような感じじゃないんですね。私も最近まで知らなかったのですがサッポロラーメンなので”味噌”が最初に作られたと思っていたのですが1966年に醤油で発売されたのが初めてだったんです。以降、68年に味噌、71年に塩の順で発売されました。

この「サッポロ一番」を作っている会社はサンヨー食品さん、現在の本社は赤坂にあります。もともとは群馬県前橋市で製麺会社として創業されました。昭和33年に世界初のインスタントラーメンである『チキンラーメン』が日清食品から発売されます、この画期的な商品に触発されたサンヨー食品の当時専務だった井田毅さんがうちでもやってみようということで開発を始めて、昭和33年にピヨピヨラーメンを生み出します。

日清のチキンラーメンに対してサンヨーのピヨピヨと、なんだかイメージがかぶっているような気もします、そして翌年には画期的な商品「長崎タンメン」が発売されます。何が画期的かというと、この商品は業界初の”塩”味だったのです。このときから地方名を冠にした商品開発が始まります、基本的に長崎とくればチャンポンなのですが、タンメンとなるところがサンヨーさんらしいところかも知れません。

そして「サッポロ一番」が誕生

サンヨーさんは長崎+タンメンのように、独自の組み合わせでの商品開発を行ってきました。サッポロ一番もそうです、サッポロ+しょうゆが最初の商品だったのです。通常であればサッポロ+みそなのですが、そこをしょうゆから始めたのがサンヨーさんらしい発想です。また「一番」も当時札幌にあった百貨店・五番館から名前を借りて「サッポロ五番」という案が出たそうですが、どうせなら一番をということで「サッポロ一番」となったそうです。また、調理例を乗せたパッケージのデザインや粉末スープに乾燥ネギを入れるスタイルは当時のインスタント麺としては画期的でした。

これも最近知ったことですが、最初の味をしょうゆとしたのは当時みそ味のラーメンはほとんど知られておらず、札幌=みそのようなイメージは無かったそうです。このため、みそ味の発売はしょうゆから2年後になってしまいます。昔はみそラーメンは全国的にメジャーではなかったのです、ラーメンの味のバリエーションを全国に知らしめたのはサンヨーさんと言えるかもしれません。

最後にサンヨーさんは前橋の他にも工場を持っており、奈良県大和郡山市、福岡県飯塚市、千葉県市原市にもあります。注目していただきたいのは福岡県飯塚市の工場です、この工場は地元企業㈱マルタイさんとの提携により使われるようになりました。㈱マルタイさんと言えば、そうです「棒ラーメン」を製造している会社です。私の好きな袋麺は1位「うまかっちゃん」2位「棒ラーメン」、その棒ラーメンを作っている会社とサンヨーさんは提携しているのです、個人的には嬉しい限りです。サンヨーさんもマルタイさんも、こだわった商品開発をよろしくお願いします。

 

※関連記事

〇西のマルタイ、東の日清、でもやっぱり九州は「棒ラーメン」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA