牛乳石鹸のCMが「不快」と非難を浴びていることを知っていますか?

「ぎゅうにゅう ♫せっけん 🎵よい せっけん♬」でお馴染みの牛乳石鹸、このロングセラー商品のコマーシャルがインターネット上で「不快」だとして批判を浴びているのをご存知でしょうか。物議を醸しているのは2017年6月に公開された「与えるもの」と題したWEBムービーです。何が問題になっているかというと、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じているのですが、新井さんの無表情な演技が「ホラー」だとか、内容そのものが理解しがたいもので気持ち悪いとか、理由は様々ななのですが一部ネット上では不買運動の声まで上がっているようです。

6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品でした。約2分43秒の動画で新井浩文さんが主人公で、妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描いたストーリーです。冒頭で男性はゴミ出しをします、今日は男性の息子の誕生日。職場の休息時間にはケーキとプレゼントを買いにいきます。その後、男性は仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行きます、居酒屋で妻からの着信がありますが男性は無視します。

飲み会を終え帰宅した男性に妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れて一言。これに男性は「風呂に入って来る」と返し、風呂場へ。入浴シーンで『牛乳石鹸』が大写しになった後、男性は石鹸で顔を洗います。風呂から出ると男性は「さっきはごめんね」と謝り、家族は息子の誕生日を祝います。終盤、画面には「さ、洗い流そ」とキャッチが表示され、動画が終了します。

牛乳石鹸の公式サイトでは「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」であると説明。また「がんばるお父さんたちの応援ムービー」とも述べています。このCMに対し、8月中旬頃より批判が相次いでいます。ネット上では「不快な気分にさせられる」「子供の誕生日に酒飲んで、何を洗い流すのか」「このCM、何をつたえたいのかさっぱりわからない」と言ったネガティブなコメントが溢れていた。

過去に製作された牛乳石鹸の広告ポスターにも「飛び火」

今回WEBムービーの不評は過去に制作された牛乳石鹸の広告ポスターにも影響を与えています。ポスターは、ビジネスパーソン風の恰好をした女性のモノクロ写真が大きくデザインされたものです。女性の左側のスペースには「今日も若手社員を泣かせてしまって。自責年の念でいっぱいです」と書かれています。そしてポスターの下の方には、石鹸の商品写真と一緒に「さ、洗い流そ」のコピー。

引用 牛乳石鹸共進社株式会社

このポスターは2013年頃に制作されたもので、WEBムービーに注目が集まったことで、改めて批判の対象となったようです。ネット上では、ポスターの内容が「パワハラ・社内いじめを肯定しているように読み取れる」などとして「パワハラ」「弱者いじめを洗い流すのか」「つらいのは後輩の方だ」などの指摘が相次いでいるそうです。

遂には「不買」の声まで

ムービーとポスターの広告で問題になってしまった牛乳石鹸。商品自体のイメージが落ちてしまい中には「牛乳石鹸はなんか嫌、買いたくない」「今まで使っていたけど、もう買わない」などといった書き込みも出てきています。このようなCMに対する批判に販売元は「お答えを差し控えさせて頂きます」と、具体的なコメントの発表を避けています。販売元ではポスターと動画の公開停止も検討していると言われていますが真偽は定かではありません。

商品イメージの低下を望んでCM制作をする会社などありません。今回の動画に対するマイナスイメージも消費者全体の意見ではないことを知っておかないといけません、ある一部の人が受けたマイナーイメージが増幅されて「不快」「気持ち悪い」と言った流れを作っていったのだと思います。製作元は”お父さん”を強調したかったのに、見る人は”お父さんの向こう側”まで見てしまったのではないでしょうか、「向こう側」の答えは制作側は用意していなかったのに見る方が「これです」とパワハラや父親のエゴを強調した結果がこうなったのではと考えます。

SNSが発達している現代、1の意見が数万倍に膨れあがるのに時間はかかりません。かつてはCMがイメージを作った時代がありましたが、ネットが「今」を作る時代になって情報の価値観が変わってきています。確かに広告の提供側はその内容に責任を持たねばなりませんが、受け取る側もコメントには気を使うのがルールではないかと考えます。この件、どう落ち着くのか興味が尽きません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA