24時間テレビのマラソンランナー予想、「坂本雄次トレーナーが走りリレーでみんがサポート。」

引用 24時間テレビ

1978年から始まり、夏の恒例番組となっている『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)は今年は8月26、27日に放送されます。その24時間テレビで毎年注目を集めるのが「24時間マラソン」のランナーです、しかし、今年はまだランナーが誰なのか発表されていません。例年5月には発表されて、その練習風景などがオンエアされるのが通常なのですが、いまだに発表されないランナーに注目が集まっていました。

ランナーの発表は当日

いろいろな憶測が飛び交うなか、先日「行列ができる法律相談所」(日本テレビ系)終了後に「マラソン」の内容が一部公表されました。①ランナーは当日発表される。②ランナーには「走る理由がある」人が抜擢される。③当日、武道館にいる人。この内容が公表されて以降、『櫻井翔、亀梨和也、小山慶一郎、石原さとみ、東野幸治、渡辺建、梅沢富夫、宮迫博之、後藤輝基、ブルゾンちえみ、徳光和夫、鳥羽慎一、水卜麻美、みやぞん、サンシャイン池崎』このなかから走る人が選ばれるのか、それとも武道館に誰かを控えさせておくのか。

日テレさんは事前にマラソンランナーを発表せずに、当日の発表にするとしたのは以下の理由によるとしています。

・当日発表の方が面白い

・発表当日にした理由を当日に話す

ということでした。今回は40回の節目ですしそれなりの理由があって、今回はこのような形をとっていると考えると「これまで」とは違った要素があることが考えられます。

今回が最後になるのではないか

これは、あくまで私見なのですが「今回が最後」ではないかと考えています。それは、これまでマラソンを支えてきた名トレーナー坂本雄次さんの存在です。歴代のランナーのトレーニングと当日の実走をフォローしてきた坂本さんが70歳を迎え「最後になるかもしれない」と漏らしたそうです。坂本さんが止められれば、24時間マラソンの継続も難しくなっていくのではないでしょうか。

ここからは、あくまで私の推測ですが

①これまで25回24時間ランナーを支えた坂本トレーナーに「花道」を用意したい。

②単に坂本トレーナーが走るだけでは、番組的に弱いので「坂本さんの走り+タレントのリレー」としたらどうか。

③走るタレントは当日24時間に関わる主要メンバーすべてにして、その発表は当日としてはどうか。

④坂本さんも高齢であるため、リレーで走るタレントをサポートしながら走り、最後を坂本さんで締めてはどうか。

ということで、先ほど列記した24時間テレビの主要メンバーがリレー方式で走り、それを坂本トレーナーがサポート。最後に坂本トレーナーが歴代ランナーも見守る中、武道館でゴールする。そして、総合司会から「坂本トレーナーの引退と24時間マラソンの終了」を発表して終了。いかがでしょうか?

もう来週のことですからね、どうなるのか期待して見ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA