中学生の間で流行る「ウソ告」遊びの延長にしては、やり過ぎの感がある。

中学生の間で「ウソ告」が流行っているのだそうだ、恋愛感情がないのに無料通信アプリ「LINE」を使ってウソの告白をする通称「ウソ告」。これはラインなどでウソの告白をして、相手が「付き合ってもいい」などと答えたら、「ウソだった」などと明かして相手をバカにするというものです。どうやら、罰ゲーム的な悪乗りでウソ告をする場合もあり、これを拒否するとハブかれたりするようです。

先月、神戸で開かれたフォーラムで実態の一端が明らかになり、教育関係者は「恋愛というデリケートな分野だけに、大人も立ち入りにくい。いじめなどのネガティブ行為に発展しないように注意深く見守りたい」と現状を明かしました。8月下旬に神戸市内で開催されたスマートフォンの適切な利用を話し合うフォーラムにおいて、複数の中学生が「ウソ告」の実態を証言しました。

こうした背景には恋愛とネットとの関係が密接になっていることがあるようです。フォーラムで女子中学生が「会ったことはなく、ネットでやりとりするだけで、付き合っていると考える友だちもいる」と発言しています。共通の趣味に関する話題がネットで盛り上がり、やりとりを重ねるうちに恋愛感情に発展したのだといいます。

こうした状況の下でネットがトラブルを生むケースが増えています。兵庫県教育委員会によると2015年度の県内公立学校の問題行動調査では、いじめの中でパソコンや携帯電話を介したケースは約6%となっています。小学校2.2%、中学校8.5%、高校24.1%と年齢が上がるに従って増える傾向にあります。

県教育委員会の担当者は「ラインの文面を委員が見ることは難しい。保護者の方とも連携して、いじめなどにつながらないよう対応を考えたい」としています。文部科学省はいじめ相談を会員制交流サイトで受け付ける窓口設置を検討するなど、新しい対応策を模索しています。

周りが対応策を練るよりも根本的な教育が必要

「暴力事件」「いじめ」など学校教育に関連して対応すべき問題はたくさんあります。SNSの発達によって問題が新たに発生したように言われていますが、基本的に従来からある問題が形態を変えただけではないでしょうか。「ウソ告」が罰ゲーム的に誰かが強制をしてやらせているのであれば、それは既に”イジメ”だと考えるべきではないでしょうか、嫌がる行為を押し付けてその結果を見て笑いものにし、相手のプレゼンスをおとしめるのは”イジメ”だと言えるはずです。

教育委員会が「恋愛というデリケートな…」と言っていますが、デリケートな問題だからこそ「からかう」ことに面白味があるのです。触られてもなんともないような事なら最初からやりはしません、こうした行為は枝として捉え根本的に他人を「リスペクト」し、自分がされて嫌な行為は他人にしてはならないということを教育していかなくてはなりません。難しいからと手をこまねいているうちに大きな問題に発展してしまうのです。

現状の社会を見て下さい「恋愛はデリケートな問題だから」結婚もせず独身でいることも自由だと考えて、周りには独身の男女だらけになってしまっています。それも20代や30代ではありません、40代を超えて独身でいる人は近年、大幅に急増しているのです。その結果はもう出ています、2005年には75歳以上の後期高齢者が街に溢れ、若い層が多くの高齢者のために経済負担を強いられるのです。それは個人の自由だから仕方ないのでしょうか、結婚し子供を生み育てることの社会的重要性を教育してこなかった国家としてのツケが回ってきていると言えないでしょうか?

子供たちを放っておくことは危険です、社会として対応してゆきましょう。「人の気持ちを遊びに使うのは倫理的に間違っている」ことを教育していきましょう。子供たちは聞くでしょう「ウソ告やって何が悪いの」、私は答えてあげたい「人間として卑しい行為をしている」「自分の行為に価値判断ができないと社会全体が歪んでいく」のだと、自分だけという考えの人間が100人、1000人、10000人と増えて行き社会における価値が変わっていくのではないでしょうか。

SNSが発達した現代ではこのような歪んだ価値観が拡散され広がっていく速度が増していると考えられます。日本人の素晴らしいところは『恥』を知っていることです、恥を知るためには自己基準がなくてはなりません。それも社会的な倫理感に沿った基準です。今からでもまだ間に合います、子供たちにキチンとした教育を行っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA