グローサラント、野菜専業スーパー、変貌が続くスーパー業界の今後

スーパーマーケットとはどういう業態かご存知ですか?ホーム・センター、ドラッグ・ストア、コンビニエンス・ストア、小売業にはいろいろな業態がありますがスーパーマーケットという業態を説明できますか?スーパーマーケット(以降SM)はアメリカで1930年に生まれたとされています、食品会社クローガ-の従業員だったマイケル・J・カレンの発案です。日本で初めてセルフサービスのスーパーマーケット業態が導入されたのは1953年に紀伊国屋が東京都港区赤坂青山北町六丁目の神宮駅前至近でオープンした店が日本初です。

そもそもスーパーマーケットというのは売り方に特徴があり『ロスリーダー』を設定することで集客し、売り上げを伸ばしていました。ロスリーダーというのは赤字覚悟で販売する目玉商品のことです。例えば今日は卵と砂糖を特売するとします、これらの商品しか売れなければ赤字で終わってしまいますが、砂糖と卵を買ったお客さんは「すき焼き」をイメージして肉と野菜を買い足すかもしれません、また、あるお客は小麦粉を買ってケーキを作ろうと考えるかもしれません。このようにロスリーダーである砂糖や卵が売れることによって、他の商品もいっしょに売れていくのです。この売り方をする店舗をスーパーマーケットと呼んだのです。

スーパーの業態はまだ1世紀も経ちませんが、その内容は大きく変わってきました。単にロスリーダーを牽引役として販売を行っているだけでは売れなくなってきたからです。当初スーパーでは(生鮮3品、デイリー、グローサリー、ナショナルブランド、惣菜)などの分野に分かれて販売が行われていましたが、店舗内にベーカリーをおいてパンを焼くようになり、惣菜も店内で調理するようになって「中食」などと呼ばれていました。その後は、イートインコーナーを併設したりドラッグと合わせてみたりと、いろいろな試みが行われてきました。

店舗を小型化して中心市街への出店も行われ、生鮮を取り込んだコンビニエンスストアとの間で激しいシェア争いも行われてきました。しかし、最近ではコンビニの勢力が増して、スーパーの売り上げは減少していく傾向にあります。その原因が大規模な設備投資なのか従業員を抱えることによる人件費の問題なのかは企業によって異なりますが、従来の業態(売り方と扱うカテゴリー)そのものが魅力を失いつつあることも確かです。

そして出てきたのがスーパー+レストランの「グローサラント」です。

引用 成城石井

創業90周年を迎えた成城石井は2017年9月29日”グローサラント型”店舗を旗艦店としてオープさせました。場所は同日オープンした新商業施設「トリエ京王調布」の中です。全国157店舗の中で、最大売り場面積となる売り場に11,500アイテムの商品を揃え、飲食を提供するSEIJO ISHII STYLE DELI & CAFE (以下デリ&カフェ)を併設した店舗となっています。

グローサラントという言葉は耳慣れないものですが、既にアメリカ国内では日常的な業態として定着し数社が多くの店舗を展開しています。グローサラントはレストランレベルの食事を店内あるいは店舗敷地内で提供するサービスとして話題を集めている業態です。でもイートインスペースを併設した食料品店は近年では珍しいものではありません。つい最近も、東京駅グランスタにイターリーと茅乃舎が、イートインスペースを併設した店舗をオープンして話題になったばかりです。従来のイートインとグローサラントとはどこが違うのでしょうか?

成城石井のコミュニケーション室長・五十嵐隆氏によると購入した食品を食べることが出来るだけのイートインとの大きな違いは「食材の共通化」。デリ&カフェではほぼ100%、」成城石井の店内で販売しているものと同じ食材を使用しています。「スーパーマーケットの調達力を活用することで、他店ではなかなか提供することができない価格で料理を提供できます。また、旬の食材を惣菜などで販売する場合、数週間かかることもありますが外食ならばその日に仕入れた旬のものをすぐに提供することができます」。つまり成城石井の店頭に並ぶ旬の食材を新鮮な状態でスピーディーにメニュー化し、価格も抑えられるのが強みということです。

グローサラントの実態は、どんなメニューが提供されるのか?

引用 成城石井

五十嵐コミュニケーション室長によると、デリ&カフェで提供されるメニューの軸は4つ。「ハンバーガー」「ステーキ」「パスタ」「ピザ」を季節によって3~4種類のバリエーションで展開し、さらに1日30食限定のハンバーグ、素材が良い場合に限って魚介のフライなども提供されるそうです。特にハンバーガーは成城石井初のチャレンジとあって研究を重ねたといいます。パテに常温の黒毛和牛を100%使用し、精肉売り場で手ごねしたものを60gに成型して2段重ねのダブルパテに仕上げています。これはパテの火入れの時間を短縮し、提供スピードを上げるための工夫。付け合わせのフライドポテトに使われているチリソースも成城石井オリジナル開発商品だとか、レストランで美味しさを知ってもらい購入に繋げていく戦術です。

料理はファミレス価格と比較すると割高感はあるものの、そのクオリティーからみると割安な感じです。このグローサラント業態はイオン、ヤオコー、オーケーといった他のスーパ―各社での展開も決まっており、今後は各社によるグラ―サラント業態での戦いが激化しそうです。進化することが集客力になりつつある時代です、今後はどんなサービスが生まれて来るのか今後も期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA