本当の戦いが始まる。病気を運ぶ「アフリカツメガエル」大繁殖、ヒアリどころじゃね~ぞ!!

いろんなものが大量発生するようになってきました。まあ、一時的にその数が急増するのは天変地異の影響だとか。何かの前兆として捉えられることが多いのですが。今日の話題は恒例の「外来種」です、この方たちは突然の変化によって急増したのではなく、日本国内の在来種を駆逐しながら段々と定着して、その数を増やして来たのです。先般、話題にした「キョン」などもそうです、当初は特別な施設で観察するために入れたものが、いつの間にか周辺の土地で繁殖して増え、今ではその地区の農業を脅かす存在にまでなってしまったのです。

『アフリカツメガエル』をご存知ですか?アフリカツメガエルが和歌山県田辺市で大繁殖しているというのです。和歌山県立田辺中学・高等学校の生物部が中心となって調査しながら、環境省、和歌山県、和歌山市などが連携して対策をしています。これまで数千匹を駆除したにも関わらず生息地の拡大が続いているようです。吉野熊野国立公園に位置していることもあり、生態系への影響が心配されています。

アフリカツメガエルは、アフリカ中南部原産の5~13センチ程度のカエルで、名前通り、後ろ足の指先に黒い爪があります。オタマジャクシからカエルとなっても水から上がらず、水の中で一生を過ごします。飼育・繁殖が簡単なので実験用動物として使われる他、ユーモラスな見た目のためペットとしても人気です。1匹100円程度で購入でき、簡単に飼育することができます。

しかし問題は「管理」外、つまりは野外に放たれたときです。低温に強く、凍らない池なら越冬が可能です。半年ほどで成熟して1回に約2000個の卵を年に数回生みます。また、その寿命は10年を超えると言われており、どんどんと増えていく可能性があります。泥の中で休眠できるので、池の泥を抜いただけでは駆除することはできません。

和歌山県以外でも、千葉県・神奈川県・静岡県などで発見の報告があります。直近では6月に岡山県で発見が確認されています、和歌山県では次第にその生息域が広がっており注意が促されています。現時点では、それほど定着例は多くないアフリカツメガエルですが、国によって「総合対策外来種」に指定されています。総合対策外来種とはどんな生物なのか、どんな理由で対策が必要な外来種に指定されているのでしょうか。

政府はもっと「総合対策外来種」に関して報道を行い、その駆除等の対策を行うべきである

「総合対策外来種」は、「生態系被害防止外来種リスト」のカテゴリの1つなのです。このリストは外来種を、定着可能性、人や社会への危険性、生態系への影響の大きさ、対策の優先順位などについて、調査や観察に基づく根拠とともに、環境省と有識者の間で整理されたものです。2010年には自然環境や生態系を守るための国際会議が名古屋で開催され、2020年に向けて各国が取り組む項目が設定されました。その中で、外来種問題に実効的な対策を打つ事、そのために優先順位が明確に決まりました。

この流れを受け2015年に整理されたのが「生態系被害防止外来種リスト」なのです。現在、動物と植物あわせて429種がリストアップされています。アフリカツメガエルが入っているのは、このリストの中の「総合対策外来種」のカテゴリなのです。このグループはすでに日本国内での定着が確認されたものになります。

なぜ、逃げ出したアフリカツノガエルが問題なのか?それは外来種の繁殖ということだけではなく、『病気を運ぶ危険性』があることです。例えば、多くの両生類にとって致命的な「カエルツボカビ」と言う病原体に感染しても、アフリカツノガエルは発病せずに生き残るのです。感染した個体が移動することで、病気が広がって生態系に致命的なダメージを与えてしまう恐れがあります。

アフリカツノガエルの顔が嫌いなのです「キングコング」に出て来る恐竜、いや「彼岸島」の”鬼”

何が増えて嫌いかって、それはネズミにしろゴキブリにしろ嫌なのはそうなのですが、ヘビやカエルなどの爬虫類・両生類系は1匹いただけでもNGです。それが、大量に発生するなど冗談ではありません。それに、このアフリカツノガエルの顔を見ましたか?キングコングの最新作に出て来る変な恐竜にそっくりです、もっと言わせてもらうならば漫画・彼岸島で海に出て来る”鬼”と呼ばれる怪物の顔に似ています。

「カワイイ」とか「面白い」という人がいますが、私は嫌いです。カエルと言っているのにカエルの顔ですらないですし、陸に上がることもできないのです。変な生物なのです、アフリカでは良くても日本の環境には合わないと思いたい。

すべての生き物に「生きる権利」はあるのかもしれません、しかし、その種の繁栄のために従来からの種が淘汰されるとしたならば、それは問題です。共存できないのであれば既得権を持った側が『後から来たもの』を駆除するのも仕方ないでしょう。しかし、それは「できれば」の話です。アフリカツノガエルが本当の鬼にならないことを祈っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA