上西元議員をTBSがレポーターに起用、番組出演のカンニング竹山ブチ切れ、私もブチ切れ。

引用 サンケイ

10月23日に放送された「ビビット」(TBS系)に前衆議院議員の上西百合子さんがテレビレポーターとして出演しました。この出演がネット上で大きな話題となっています、果たして上西さんを起用したTBSは視聴者のことを考えているのか。上西さんは「このハゲ~。聞いてますか?」の暴言で世間を騒がせた豊田真由子元議員を取材していたのです、そうです落選した姿を本人に直撃取材するためにです。

しかもリポートはグルメリポートまでを織り込み、最後にはマイクを上西さんが地面に置いて立ち去るというエンディングの演出までされていたのです、この過剰な内容には視聴者も敏感に反応、ネット上では批判のコメントが相次ぎました。

もちろん出演者からも疑問の声は上がり、コメンテーターとして出演していたお笑い芸人、カンニング竹山さんは「この番組はメディアとしてのプライドはないのか。これはサンジャポがやるからいいんですよ」とブチ切れてしまいました。最近、芸人のくせに”コメンテーター”を気取ったカンニング竹山さんの態度が気に食わないとの批判がありますが、彼は本当のことを言うからいいのだと思います。

同じ福岡の出身だから露骨にかばいだてしますが、カンニング竹山さんの意見に私も同感です。既に議員でもない上西さんが出演する意味がどこにあるのでしょうか、また問題があって落選した豊田元議員をレポートするなど「目くそ鼻くそ」の世界だと思います。話題になれば何でもイイというものではないでしょう、このところメディアの質は問題ありと言わざるを得ません。

上西氏は今回の衆院選で不出馬を表明する一方、タレント活動を宣言し、ネット上ではさっそく”炎上”。今回のレポーター出演に関してもネット上では「なぜ起用したのか?」「気分が悪い」「テレビに出る必要なし」「竹山の意見が正しい」などなど、やはり炎上中です。これは、もしかして「炎上商法」なのかも知れません、悪く言われたところで犯罪を犯したわけではないのですから、悪く言われて注目を集めることが上西さんの目的なのかもしれません。

それにしても上西小百合を起用するTBSは何を考えているのか?

番組で上西さんは「現場の上西です」とカメラの前に登場し、初のリポートでマイクを手に「これを持つの憧れてたんでうれしいです。頑張ります」とテンションが上がりっぱなし。「私、豊田さんと同じように過去2回選挙を経験しているので、立候補者の気持ちも織り交ぜながら新しい目線でリポートできればいいなと思います」と意気込みを語る始末でした。これまでの上西さんの挙動を見て来た視聴者からすれば、どうしてこんな人がリポートをと思うのが自然です。自分のリポートを視聴者がありがたく拝聴すると思いあがったコメントを吐く上西さんを製作側としてTBSさんはどう思っていたのでしょう。

上西さんは豊田元議員の当落について「ご本人も今回の選挙で当選するっていうのは難しいと感じていたと思う。次につなげるための立候補だと思うんですけど、私としては次につながらないのではないかという印象を持っています」と厳しい意見を述べました、当のご本人は『受からないから』という理由で出馬を見送ったにも関わらずです。さらに上西さんは駆け寄ってきた豊田元議員と握手を交わして「最期の最後まで頑張ってください」と本音と裏腹なエールを送っていました。

豊田元議員の取材の後、上西さんは地元のそば店を訪れグルメレポートをします。豊田元議員が食べたという天ざるを食べて「そばの香りがいいですね、本格的な味がします。おいしいです。香りがしっかりしていて」と感想を語りました。この食リポの後「以上、現場の上西でした」と路上にマイクを置いて去っていきます。これを見たキャスターの堀尾正明さんは「なんのVTRだったんだ」とあきれ顔をし、カンニング竹山さんは先ほどの「・・・・サンジャポがやるからいいんですよ」と切れてしまったんです。

テレビ関係者ですら番組中に首をかしげるようなレポートはおかしいのではないでしょうか?キャラクターが全てを浄化できるわけではありません、放送倫理の問題だと思います。まさに「メディアとしてのプライド」はないのかということです。また、臆面もなく出演する上西さんにも嫌悪感を持たざるを得ません、永六輔さんが言ったことがあります”民放”なんて言葉はないのだと、広く視聴者に訴えかける以上放送は『公共放送』なのだと、果たして今回のこの放送は『公共放送』と呼べる内容だったのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA