上野の森美術館で開催されている「怖い絵」展のどこがそんなに怖いのか。

「怖い絵」展が上野の森美術館で2017年10月7日から12月17日まで開催されています。テーマは「恐怖」です、本展では視覚的な怖さだけではなく隠された背景を知ることによってわかる恐怖を約80点ほどの西洋絵画・版画の中で見ていきます。「この絵の怖さは何なのか?」その答えを見つける場所ともなっています、新しい視点で楽しむ展覧会です。

全体の構成は6部からなり、人間の空想から生まれたものから歴史や風景に至るまで恐怖をテーマに焦点が当てられます。

  1. 神話と聖書
  2. 悪魔・地獄・怪物
  3. 異界と幻視
  4. 現実
  5. 崇高風景
  6. 歴史

本展は作家でドイツ文学者の中野京子さんによるベストセラー「怖い絵」シリーズの刊行10周年を記念して開かれるものです。

著書でも紹介されたポール。・ドラローシュの『レディ・ジェーン・グレイの処刑』、ハーバート・ジェイムズ・ドレイバーの『オデュッセウスとセイレーン』などの作品が、展覧会を通してよりダイナミックに表現されています。

見て分かる恐ろしさよりも背景から来る恐怖を感じることができる

中でも既にテレビ等で取り上げられ話題となっている作品が前出の『レディ・ジェーン・グレイの処刑』。来場者を惹きつけて止まないこの絵は縦2.5m、幅3mにおよぶ圧巻の大作です。1928年のテムズ川の大洪水により失われたと考えられてきましたが、1973年の調査で奇跡的に発見されました。この作品は初来日となります。

この絵の背景の物語はイングランド女王メアリー1世に纏わるものです、同女王はトマトベースのカクテル「ブラッディ・マリー」の由来となった

引用 レディ・ジェーン・グレイの処刑

異名を持つ有名な女王です。カトリックのメアリーは300人ものプロテスタントを処刑したことから「血まみれのメアリー」と呼ばれました。

メアリーが即位後、最初に処刑したのが自分より先に「イングランド初の女王」を宣言したジェーン・グレイだったのです。ジェーン・グレイが王冠をいただいたのはわずか9日間、反逆罪で投獄されカトリックへの改宗を拒んだため7カ月後、ロンドン塔の断頭台で処刑されます。わずかに16歳と4カ月のはかない人生でした。

処刑から300年後、フランスの歴史画家ポール・ドラローシュが処刑直前のジェーンを描いたのが『レディ・ジェーン・グレイの処刑』です。ロンドンのナショナル・ギャラリーを代表する名画です。夏目漱石は自身の短編小説「倫敦塔」の中でこう書いています「英国の歴史を読んだものでジェーン・グレーの名を知らぬ者はあるまい。(中略)余はジェーンの名の前に立留ったぎり動かない。動かないと云うより寧ろ動けない」と。

布で目隠しをされたジェーンが斬首台を手で探っています。その背後で彼女をやさしく導くのは司祭。右側には斧を手に立つ死刑執行人、左側では次女らが泣いています。描かれているのは宮殿の地下牢とおぼしき場所ですが、史実によればジェーンが処刑されたのはロンドン塔の屋外にある中庭となっています。「画家はあえて場所を陰鬱な室内に変えた」そのことによって、より残酷性、神秘性を高めようとしたと考えられれています。

たった1枚の絵でさえこんなにエピソードがあって楽しめる

どうでしょう、ジェーンの絵について理解を深めていただけたでしょうか。こうした歴史的背景を知ってこの絵を見ると「怖い」を感じることが出来るのです。それはジェーンを死に追いやったブラッディ・マリーことメアリー1世の狂気の行いへの恐怖か、年端もいかない少女なのに斬首にされる恐怖に怯えるジェーンの恐怖か、300年後に場所を変えて描いた画家の意図に対する恐怖か、単純に見て伝わる『恐怖』と違うところが今回の展覧会の面白さなのでしょう。でも、当日のナレーションだけでは十分な『恐怖』が味わえないかも知れませんので、事前に予習して行かれることをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA