東芝さんが「サザエさん」のスポンサーを降りて高須クリニックが新スポンサーに

来年3月に東芝がアニメ「サザエさん」(フジテレビ系)のスポンサーを降りる方向で調整に入ったことが31日に分かりました。1969年10月の放送開始から48年にわたってCMを提供してきた東芝。経営再建中の今年6月、細川智社長が会見でCM提供に関して「一定の有効価値がある」と継続の意思表示をしていましたが、綱渡り的な状態が続く経営状況から合理化が避けられないと判断して、広告大手の電通に申し入れを行いました。

「サザエさん」は日曜日に家族がそろって視聴する人気番組で宣伝効果は大きなものがあります。後継のスポンサーが見つかれば、18年3月末にも切り替わる可能性があります。「サザエさん」へのCM提供は、もともと冷蔵庫や洗濯機といった東芝ブランドのの家電製品をお茶の間に広く浸透させるためのものでした。しかし、家電市場が低迷してきた1998年11月に1社提供を終了。さらに15年には不正会計問題が発覚し、白物家電事業は経営再建の一環で中国企業に売却されました。

現在、東芝はエレベーターや鉄道システムなどの社会インフラ事業に注力する方針を掲げており、ターゲットは家庭から離れており、今後周防ンサーを継続する意味合いが薄れていました。

サザエさんは1979年に番組最高視聴率39.4%を記録しました。安定し高視聴率を出す長寿番組として愛されてきましたが、昨年には1ケタ台の視聴率を記録するなど、やや低迷。今年に入ってからは10%台半ばで推移しています。東芝がスポンサーから降りるのは家庭向け電化製品を主力とした過去との決別として理解できますが「サザエさん」という番組そのものの持つ価値観はどうなのでしょうか。

”磯野家”では時代が昭和で止まっており、カツオの髪型やサザエさんの髪型を見ても現在の流れとマッチしているとはいいがたく、まったく別世界での話となっています。家の設定やマスオさんの仕事や友人関係、基本的には「そういう」考え方もあるのだろうけど、と疑問符がついてしまいます。スポンサーの降板と同時に番組の継続に関しても検討すべき時が来たのかもしれません。

白馬の王子的に後継スポンサーとして現れたのは「高須克弥氏」すでにハウスエージェンシーが

引用 高須クリニック

「値段交渉開始なう」

本日、高須クリニック院長の高須克弥さんが自身のTwitter上で、国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)の新たなスポンサーに名乗りを上げました。高須氏は「電通とフジにすぐに連絡した。高須グループのハウスエージェンシーと値段交渉なう」と報告しました。

高須氏は自分が気に入ったものには積極的に投資することで知られており、テレビ番組については14年放送の芦田愛菜主演ドラマ「明日、ママがいない」の放送内容が物議をかもし番組スポンサー全社が放送を見合わせた際にも「僕が全部買う」と名乗りを上げ、話題となりました。

しかし「サザエさん」は48年も続く国民的なアニメ、高須氏の高須クリニックのCMでイメージが合うとは思われません。わかめちゃんが学校で一重まぶたなのをバカにされて泣いて帰ると、サザエさんが高須クリニックに相談…、なんて話が展開する訳もなく。スポンサードする企業があるのはいいことですが、番組のカラーを無視する形でのスポンサードはどうなのでしょう。

また、ネット上で話題となっているのが高須グループの為の「ハウスエージェンシー」も存在するということです。ハウスエージェンシーは通常、単独企業の為の広告業務を行います。代表的な事例が鉄道関連のエージェントです、東急エージェンシーなどが筆頭かも知れません、もっとも現在は単独(東急)だけではなく他の企業の広告業務も受けています。

というようにハウスエージェンシーまで持った高須グループの今後の動きから目が離せません。しかし、正直なところ「サザエさん」を継続する必要が本当にあるのでしょうか。「サザエさん」よりかは時代が新しくなる「ちびまるこちゃん」も1990年から放送が始まり、現在も継続放送中です。はたしてこうした日常を描くアニメが継続していく価値があるのでしょうか、ノスタルジーだけでは難しいのではないでしょうか、東芝さんもそう思ったに違いありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA