ソニーが愛犬ロボット「aibo]を12年ぶりに発売その思惑とは

ソニーは業績不振にあった2006年に家庭用・愛犬ロボット「AIBO」の生産を打ち切りました。この後継機種が来年1月に発売されることが決定し12年ぶりにロボット事業に参入します。

ソニーの「AIBO」は、1999年に発売された家庭用の愛犬型ロボットで25万円という高額な設定ながら15万台を売り上げました。しかし、ソニーの業績が不振の最中にあった2006年に生産を終了しました。この初期型を購入した人は、このロボットを本当のペットと同じように可愛がり、修復が困難な状態になるまで”家族”として扱うなど、独自の位置づけを生み出した商品になりました。

ソニーは1日、平井一夫社長が記者会見し、AIBOの後継機種を2018年1月11日に発売を開始すると発表しました。後継機種は、ローマ字で「aibo」と命名され、有機ELパネルの目で感情表現を行い、20を超えるセンサーで人や部屋の様子を感知して体を動かしたり、歩き回ったりします。そして搭載されたAIが飼い主とのやり取りをを学習し、一体ごとに個性を持って成長していくという大きな特徴を持たせてあります。

今回の後継機種は1体19万8000円、そして、これとは別にインターネットに接続して昨日のアップデートが出来るサービスが2980円/月額で提供されます。ソニーは12年ぶりにロボット事業に参入することになります。今後は犬型だけではなく、ロボット関連分野で新たな製品開発やサービスの提供を目指す方針を明らかにしています。

平井社長は「AIに、ロボットという動くもの、それにセンサーの技術を組み合わせることでソニーの強みを発揮できる。今後は、これらの技術を商品やサービスに乗せて、新しい体験を提供していきたい」と述べました。

AIを使ったリビング内の競争に勝つために

引用 ソニー「aibo」

ソニーが家庭用・愛犬型ロボットを復活させた理由は「家庭内リビングルームにおけるAI技術の国際競争」が激化していることにあります。家庭向けの製品にAIを搭載する技術は、アメリカの大手IT企業アマゾングループとグーグルが、音声で家電製品などを操作するAIスピーカーの分野で先行しています。

ソニーとしては、AI事業でこれ以上の遅れを取ることは致命的だと判断したようです。ソニーは小型モーターなどで製品を細やかに動かす技術やカメラ用の画像センサーといった自社の強みを生かすために、AIとロボットを組み合わせる戦略をとったのです。

来年1月11日に発売される「aibo」は、その第一弾となる製品で、今後はAIを搭載したロボット分野で更にシェアを拡張できるように新商品を投入していく予定です。開発を担当した役員は「顧客の声を聞きながら、人に役立つロボットを作っていきたいと」と語っています。

一般的な仕事の分野だけではなく、家庭内にもAIのニーズは広がりつつあります。犬や猫を飼うと「生きた動物」だけにエサや散歩といった付帯的な世話が必要になります、しかし、ペットを飼う人たちは「そうした手間」を含めてペットを飼う事を楽しんでいます。今後AI搭載のペット代用型ロボットが増えればペットに対する概念も変わっていくかも知れません。

まずは、来年発売される「aibo」がどのようなものなのか見てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA