女性の時代とはこういうことなのか、激走!山尾志桜里と急落?小池百合子。

引用 朝日新聞

山尾志桜里議員が返り咲いた際、尖がった女性戦士たちはいっせいに批判しました。”難波のエリカ様”こと元議員の上西小百合氏はツイッターで機会あるごとに山尾議員のことを批判しています、不倫疑惑相手の政策顧問起用に関しては「まあ、これなら堂々と会えるもんね」「選挙に勝ったから許された訳じゃない。議員として仕事する権利を得ただけ。きちんと説明するか、わびるかしないと何を言っても説得力なし」と選挙で禊が済んだわけではないと私見を述べ「本当に人を馬鹿にしている人だな」と批判しました。自身は『落ちるから』と笑いながら不出馬の意向を表明していたのに、選挙戦を戦った人間を批判する上西氏のツイッターは燃え上がりっぱなしのようです。

山尾議員を”馬鹿”にしていると批判する上西氏は更に山西議員を応援する漫画家・小林よしのり氏にも噛みついていました。小林よしのりさんが上西さんのことを”国政を知らないし、憲法改正に関して何の危機感もないから、平気でゲスの勘繰りを述べている”という発言に対し、自身のツイッターで「単なる趣味の領域、国会議員を使って遊びながら、それを題材にして漫画を描くんだから小林さんは一流なんだろうな」と書きました。その後も「私は小林よしのりさんやそのスタッフの方々には、悪い感情など全くなく、それどころかよく理解して貰っていたという気持ちしかない。しかし、今回は別。小林さんの考えも行動も全て間違い」と完全否定。向かうところ敵なしの勢いです、まあ、この小百合様に関しては突き抜けた感がありますから仕方ないというか、関わるだけ損ということでしょう。

馬鹿にされていると非難するのではなく当人を直接『バカなんじゃないのかな』と語ったのは女医タレントの西川史子さんです。西川さんはある番組で山尾議員が不倫疑惑の相手倉本弁護士を政策顧問に起用したことに関し、演出家の男性と激論になり「後援会長が承諾していない中でそうしてこうするのかな?天才と言われているらしいけど、バカなんじゃないのかな」と批判。「こんなことをしなければ大きな問題にならないのに、なんでこのタイミングで」と倉持弁護士の起用に疑問を投げかけました。

こうした騒動の中、地元の後援会会長の野々山利博氏が後援会会長を辞任しました。野々山氏は「選挙前から高齢のことなどがあり、辞任を考えていた。選挙が始まってしまったもんだから何とか頑張った。票を集める力が弱くなったことも実感した」と辞任の理由を説明されました。すばらしい方だと思います『自身』のことしか語っていませんが、十分に山尾氏の”責任”を問うています。前出の方々は「あれやこれや」批判しておりましたが、野々山さんの態度こそが日本人の恥の文化を背負ったものではないでしょうか、野々山さんは『男』らしい態度で議員に姿勢を正すように求めたのです。

もうひとりの女性政治家はどこを見て走っているのでしょうか?

引用 産経ニュース

東京都の小池百合子知事は14日、希望の党両院議員総会で党代表を辞任する意向を表明しました。玉木雄一郎共同代表が新執行部体制を始動させたのを機会として「これからは皆様方にお任せし、しかるべき形でサポートしたい」と語りました。小池氏は玉木氏を公認の代表として指名して総会で承認されました。小池知事は9月25日に希望の党の代表に就任しましたが、同党は直後の衆院選で大惨敗、小池知事の求心力は一気に低下し、国政に関与する機会は失われました。

小池氏は総会で「創業者の責任として代表でスタートしたが、党の方向性は決まってるので、代表の座は降りさせていただく」と述べました。総会後の記者団に「創業者としての責任をひとつ終えた」とも語りました。辞任の理由を聞かれると「新執行部の体制が固まった段階」だからと追加の説明も、今後は特別顧問などの役職には就くが、党運営からは手を引く意向とのこと。

さ~て、どう思われますか、こちらの女性政治家は「政治家たらん」とすることに問題を抱えているのではなく、政治家としての「行動」に問題を抱えているのです。常に仮想敵を作り対小池を演出し自分の地位を保ってきた小池氏ですが、今回は同じベクトルで対峙する敵がいなかったのです。ともすれば自身が「国民の敵」に成りかねない状況です。豊洲で石原さんを批判した時を覚えていますか?石原さんは終始一貫して「地中の事は知らん、市場を作る表土部分は問題はない」と言い続けていました、そうなんです石原さんは間違ってなかったのです。それを悪者にして、ここまで築地の問題をこじらせたのは誰でしょう。そうです小池百合子氏です。

今回も眼鏡の叔父さん”岩狭勝さん”が落選で政治から引退したのに本人はどこ吹く風です。その上「創業者の責任」は一段落したとさえ言い放っています、創業から数カ月で責任がなくなる創業なんてあるんでしょうか。ことごとく小池氏の行動はサーファー的なものなのです、波を見ながら波に乗ることに賭けているのです。自分で見極めた波なのに乗り切れない場合も出てきたということでしょう。しかし、本物の政治家は自ら波を起こすことが出来てなんぼの商売ではないのでしょうか。

田中角栄氏しかり、現安倍さんしかりです。少なくてもおっさんたちは「自分」がフロントに立って勝負をしているように見えます。私が残念に思うのは「男」とか「女」とかジェンダーの違いが行動に反映されていると思われることです。「女だから」と言われたくなければ闘うことを試みてはどうでしょう「私に5センチ長い刀があれば、お願いです刀をください」ではなくて「私は5センチ踏み込みます。後を押してください」ってことだと思うのですが、いかがでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA