礼節をわきまえた日本人などとはもう言えない、中華航空で騒ぎ起こした日本人。

台湾の「中華航空」のフライトで泥酔した日本人乗客3人が離陸後に騒ぎを起こし、同機が空港に引き返す騒ぎとなりました。9日午後、桃園発バンコク行きの中華航空機内で日本人乗客3人が持ち込んだ酒を飲み、トイレで喫煙をするなどのトラブルを起こしました。安全を考慮し、同航空機は離陸してから約30分後に桃園空港に引き返しました。騒ぎを起こした3人の乗客は同機から降ろされ、航空警察局に引き渡されました。

航空警察によれば、3人は福岡から桃園空港に到着し、バンコク行きの航空機に乗り継ぎました。乗り継ぎの際、空港の免税店で酒を購入、登場してすぐに飲み始め、大声で騒ぎ、乗務員から何度も注意を受けていたようです。3人は台湾に着く前からすでに酒に酔っていたと見られています。3人の行為は民用航空法に違反した疑いがあり、最高で5万台湾元(約19万円)の科料が科される可能性があります。

3人は飲酒しただけではなくトイレで喫煙も行っており、この騒動によって同機には4時間の遅れが出てしまいました。こうした「旅の恥はかき捨て」型のおやじさんたちは罰金刑ではなく、投獄すべきです。檻のなかに入れて”ルールを守る”とはどういうことなのか教えてやるべきなのです。日本人がいかに集団的民族かがよくわかるエピソードだとおもいませんか。

「日本人」だからが通用するのは「日本人だけの世界」でしかない

ご存知でしょうか、サッカーの試合が終わった後に観客がみんなでゴミを拾って帰るのを。これを見て世界の人たちが「日本人はすばらしい」と称賛しました。小学校では今でも授業終了後に生徒が掃除を行っています、これも世界の人々から高い評価を受けています。これらの行為は、日本人が礼儀をわきまえ、社会性に富む民族だから行われているのでしょうか?答えはNOです。

日本人くらい「個」がない民族は少ないと思います、”みんなと同じ”を好む民族なのです、その証拠に人が多ければ多いほど秩序は保たれます。例えば人でごったがえするショッピングセンター、みんな整然とエスカレーターを利用します。ゆっくりの人は左の列へ、急ぐ人は右の列へといったように、そうなんです。多くの人が集まれば『ルール』に従わなければ不都合が生じることを、皆が知っているため場に適応したルールに従うのです。日本人は「人のこと気にしい」なだけなのです。

今回の中華航空の件も、たくさんの日本人が乗っていればこうした事にはならなかったでしょう。どうせ知らない人間ばかり、しかも日本人じゃないからと緩んでしまったのでしょう。できれば、この3人のおじさんたちは現地の留置場にぶち込んで3か月くらい重労働に就かせると良いと思います。また、その様子を日本国内で報道することも欠かせません、外国の人たちから「日本文化」を褒めてほしけりゃ、自分の基準で「いいこと、わるいこと」を判断してもらいたいと思います。個として自立することが苦手なことが日本人の悪いところだと思います、この3人が特別なわけではありません、私だって状況によっては同じことをしてしまうと思います。

日本の文化は”恥”の文化です。その行為が自分にとって「恥ずかしい」行為かどうかを自身に問いかけなければなりません、また、『恥』の基準は自分自身で身に付けていくべきものです。どこの航空機会社のフライトであっても「やっぱり、日本人はマナーがいいね」と言われたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA