開催国だからといって何でもして良いわけじゃない「平昌オリンピック」は既に失敗している。

引用 平昌五輪

テレビでは毎日のように平昌五輪に北朝鮮から美人応援団が来るのかどうかを放送しています、恐らくはオリンピック競技関係者の放送時間より取り上げられている時間は長くなっていることでしょう。韓国は北朝鮮と17日に次官級会談で、平昌オリンピックに参加するホッケーチームをを南北合同チームで結成することや、合同で入場することを決めました。その上、北朝鮮での文化行事の開催やスキー場の活用などに関しても合意したとされています。今回の合意内容は文在寅大統領の「平和五輪構想」として韓国が提案したものです。この内容を見ると文政権が北朝鮮にすり寄っている姿勢が明白です。

会談では、北朝鮮が230人の応援団を派遣することも合意、これまでのように「美人応援団」が大挙やって来る可能性があり、既に決まっている芸術団約140人の派遣と合わせ、金正恩体制の宣伝に利用されることが懸念されています。さらに問題となるのが、北朝鮮南東部・金剛山地域での開幕前の文化行事の開催や、東部・馬息嶺スキー場での南北選手の合同練習です。韓国統一省は、合同練習に「五輪選手が参加するわけではない」と説明していますが、そうなれば、五輪と関係のないイベントを実施することになります。

統一省は17日、いずれのイベントに関しても文氏の「平昌五輪5大構想」などに基づき韓国側が提案したことを明らかにしました。この構想には北朝鮮の冬季競技インフラ活用案の競技や、金剛山一帯での前夜祭開催努力も盛り込まれていました。文氏は大統領就任前の昨年1月「馬息嶺スキー場などを活用し、金剛山で前夜祭をやれば世界の注目が集まる」と発言していました。北朝鮮のミサイル発射や核実験などの軍事的挑発で頓挫していた対北融和策が北朝鮮の対話呼びかけで息を吹き返すことになりました。

オリンピックそのものの運営が危ういのに北との同胞政策を重んじるのはどうなんでしょう。

もう来月には開幕となる平昌五輪、昨年末まではチケット販売も不振との報道がなされていました。北朝鮮の武力的な挑発による治安上の不安に加

引用 産経ニュース

え、高額のチケット、劣悪な観覧環境なども問題になっています。この状況に「そもそも平昌でオリンピックをやる必要があるのか」という声が韓国の国内でも上がっているようです。

北朝鮮が参加すれば北の脅威への不安は無くなります、しかし、韓国がオリンピックに参加する北朝鮮に対し経済支援を行えば、なんの為に制裁を行ってきたのかわからなくなります。既に次官級対談の中で決定されたイベントは韓国主導の内容になっています、こうした形で北朝鮮が五輪へ参加することは国際社会が望む本来の形ではないと思います。

北朝鮮は「核を凍結」することを宣誓した上で五輪に参加すべきです。なぜなら、五輪こそは国際平和の象徴であるからです、北朝鮮が核開発継続の意思を持ったまま平昌五輪に参加するということは国際社会に対する侮辱でもあります。また開催国である韓国が、そのことに協力するのは誤った行為としか言いようがありません、まず、韓国がミサイル発射や核実験に関して「今後は抑制」で確認を取ることが先決なのです、その代償として国際平和の祭典、『オリンピック』への参加が認められるのです。

私的な意見ですが、慰安婦への対応に対し何度も問題の蒸し返しをする韓国とミサイル発射や核実験を止めない北朝鮮、こんな国が揃って出る五輪なんか出ても意味がないと思います。総理も行く必要はありません。オリンピック精神の何たるかを考えれば北朝鮮が参加する事は問題外ではないでしょうか「参加している間は大人しい」だから認める、などという馬鹿な論法から認めるのであれば最初から北朝鮮に対する”制裁”などは必要なかったのです。

拳銃を所持した興奮ぎみの男を、そのままホームパーティーに招き入れるでしょうか?主催者はまず「拳銃」を取り上げるべきです。昔からの知り合いなので勘弁してくださいと他の招待客に言って、そのまま招き入れるとすれば主催者は、パーティーなど行う資格がないと言わざるを得ません。国際平和の為にオリンピックを利用することは良い事だと思いますが、2国間の融和の為に利用することは許されません。壊れていくオリンピックのあるべき姿が痛ましい、このままの方向で進むならば、私は平昌五輪をテレビで見ることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA