国土交通省からの「緊急発表」南岸低気圧の影響で大雪の恐れ、不要不急の外出は控えて。

国土交通省は、関東甲信越地方や東北地方で1月22日の昼から23日朝にかけて、太平洋岸を中心に広い範囲で雪が降り、東京23区など、通常積雪のない平野部を含めて大雪になる恐れがあることから緊急発表を行いました。国土交通省では、高速道路や国道でノーマルタイヤの車輌が大雪によって大規模な立往生を発生する可能性があり、警戒が必要で不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合はチェーンを早めに装着することを呼びかけています。

NEXCO中日本では、1月22日未明から23日朝にかけての大雪のために通行止めが予想される道路と区間を告知、なるべく外出を控えるように呼び掛けています。通行止めが予想されるのは、圏央道 相模原IC~河口湖IC、東富士五湖道路  富士吉田IC~須走IC、長野道 岡谷JCT~安曇野IC、中部横断道 六郷IC~双葉JCT、紀勢道 勢和多気JCT~紀勢大内山IC となっています。

22日夕方から23日朝が東名高速 東京IC~清水IC、圏央道 茅ヶ崎JCT~相模原IC、新東名高速 御殿場JCT~新静岡IC、新東名清水連絡路 清水ICT~新清水JCT、小田原厚木道路全線となっています。

現在の気象庁の24時間予想最大降雪量は22日18:00~23日18:00、東京都多摩地方、神奈川県(西部産地)、千葉県(北西部)、埼玉県、栃木県(平地)、群馬県(平地)で10㎝~20㎝の積雪が予想されています。

風雨より怖い積雪、慣れない状況にパニックにならないように

雨風は日本中、どこの地方でも経験できるので対応策というか、危険な状態の判断がつきやすいかもしれません。しかし、雪に関しては経験のない人も多いのではないでしょうか。国交省や気象庁が呼びかけているのは、特に「交通=車」の立往生です、車が雪で滑る状態になるには、そんなに多くの積雪は必要ではありません。逆に最初に2~3cmくらい薄く積もった状態が危険です、わずかな雪の層が押し固められて道路上に氷の被膜のように貼り付きます、この状態でノーマルタイヤだとほぼコントロールすることができません、また「わずかしか降っていない」という意識が、さらに状況を悪化させます。

ある程度積もってしまった場合は「チェーン」の装着は不可避です、ある程度積もった状態の場合スノーでなくても走行できる状態の場所があります、しかし、少し傾斜があるとスリップして動きが取れなくなってしまいます。雪が降った場合は最低でもスノータイヤ、必要に応じてチェーンを使用してください。

「積もる」というのも感覚的に難しいところです、雪の降り方で「これだったら積もらない」とかわかれば良いのですが、その日の気温などの気象条件によって積雪の状態は変わっていきます。昨年、福島からの帰り仙台駅まで車で送ってもらった際に雪が降り始めました、駅まで20分もかからないところだったと思います、それが駅に到達する頃には5~6㎝の積雪となっていました「こんな短時間に」と驚いたことを覚えています。

今回の「緊急発表」は特に雪に対する警戒心の薄い地域に注意を喚起する意味で出されたのだと思います。台風のように予想進路が外れて、被害を免れるようなことは考えられません、ある程度の積雪は考えておかなくてはなりません。先ほど書いたように、薄く積もっても危険な状態には変わりはありません。雪対策をしていない車には乗らないことが一番です。もしドライブ中に降り始めて積雪するようなことになっても、無理な運転は避けてください。雪上での車のコントロールは運転技術の問題ではありません、制御が効く装備が必要なのです。

不慣れな積雪にパニックに陥らないようにしましょう。朝積もっていても、晴れればすぐに溶けていくのです。落ち着いて行動することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA