はれのひの篠崎洋一郎社長が記者会見、これが篠崎社長の「ハレの日」なのか経緯を説明。

引用 ビジネスジャーナル

晴れ着の着付け・販売などを手掛ける業者「はれのひ」が成人式の前日に突然営業を止め、既に注文をしていた新成人が晴れ着を着られなくなった問題で横浜地裁は1月26日、同社の破産手続きの開始を決定しました。これを受け、「はれのひ」は午後7時過ぎから横浜市内で記者会見を開き、篠崎洋一郎社長と破産申し立て代理人の弁護士3名が出席しました。

はじめに弁護士から「はれのひ」が抱える約6億3500万円にのぼる負債の内訳などの財務状況の概要報告があり、篠崎社長は経緯説明を行いました。これまでの経緯に関して篠崎社長は「平成23年3月に会社を設立し、横浜店から始めて一時は6店舗まで成長した。急激な出店で人件費コストがかかり、28年9月期には大幅な赤字になった。その後、新たな融資やM&Aなどの取り組みなど対策を行ったが売り上げ減に歯止めがかからず、成人式の当日、着付け費用の支払いにメドがつかず、このように事態となった。最後にお嬢様、ご家族の一生の思い出となる成人式を台無しにしてしまい、代表の私にすべての責任がある。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

雲隠れしていたことに関しては「対応に苦慮していた。事の重大性は分かっていたが、相談する先もなく、今日の会見になったことをまずはお詫びします。毎日、とても眠れない精神状態で過ごし、成人式を迎えられなかったお嬢様やご家族のことを思うと、心の痛む日々だった。調査に時間もかかった。どこにいたかと言えば、知人の所におり、隠れるつもりはなかったが、世間をお騒がせしたことは申し訳なかったと思っています」と語りました。

篠崎社長が会社の業況がおかしくなったのを感じたのは「5月の連休前から商品の仕入れが思ったように出来なくなり、それに従ってスタッフのモチベーションも下がっていき、危機感を感じていた」と、かなり前の段階から経営が危うくなっていることを自覚していました。

法的に処理が済めば、また一般人として普通に生活ができると考えているのか

引用 日本経済新聞

篠崎社長は昨年5月から今年1月までの半年以上も「状況が悪い」にも関わらず、新規顧客を増やし続けてきました。このことに関して「詐欺行為ではないか」との質問に「そういうつもりではなかった。必死で社員も私も営業をかけていたのでそういうつもりは毛頭なかった。最後の注文は12月中旬だった。振り返れば止めておいたほうが良かったかもしれない」と答えています。先頃、倒産した旅行代理店「てるみくらぶ」と同じような経緯をたどっています。『会社が危ない事はわかっていたが、営業で回復させようと思った』ということでしょう、善意の第三者である以上「詐欺」に問われることはありません。

どう考えてもギリギリまでお客の為に頑張ったのではなく、ある時期から「計画的」に倒産させることを考えていたのではないでしょうか。そうでなければ、営業していた事務所を空っぽにするような芸当は出来ない筈です、今回の記者会見を含めて、すべては段取りを整えていたのではないでしょうか。本人は成人式の当日、どこで何をしていたのか問われ「知人宅で待機していた」と応えています。何に対して待機していたのでしょうか?逃げてはいないが隠れていたのは間違いないわけですから、その間は表に出たくなかったわけです。当然、倒産させて経営者としての個人責任をどうかわすかを考えていたのではないでしょうか。

きっとおいしいものを食べているのでしょう。肌艶も良く、精神的に追い詰められて憔悴しているようにも見えませんでした。倒産手続きを済ませ、債権者や消費者には「返せるもんしか返せません」と法的に認められた対応をして『誠意』を表し、倒産処理が済めばすました顔で普通の生活をするのでしょう。

「この問題をなんとかしよう」ではなく「自分が犯した過ちを詫びたい」と考えるべきではないでしょうか、テレビの画面に映る篠崎社長の顔を見る限りでは最後まで消費者の為にどうしたら良いかを考えていたようには見えません。見た目で判断するのか?そうです、見た目で判断できます、彼の顔には”ウソ”の表情が出ているからです。

いづれにしろ成人の日当日に、店舗を開けて対応することをしなかった篠崎社長は消費者を裏切った経営者なのです。法的に詐欺に問われないまでも「消費者を裏切った」ことに対する責めを負うべきではないでしょうか、特に人生で一番の「はれのひ」を商売の材料に扱ってきたのですから、それなりの償いは必要ではないのでしょうか。今回の記者会見は篠崎社長にとっての「ハレの日」となったのでしょうか、それとも「ケ」でしょうか、これから先、篠崎社長に「ケの日」が続くことを晴れ着が着れなかった新成人は祈っていると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA