仮想通貨流出のコインチェック、不正送金されたNEM463憶円を日本円で返金の驚き!!

私には仮想通貨が理解できていない「法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨、話題となっているビットコインも仮想通貨の一種であるが、暗号通貨に分類される」?????。2016年に成立した新資金決済法の仮想通貨の定義は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することが出来、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」または「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」とされています。

通常のお金とは異なることはわかりますが、今ひとつピンときません『物品、サービスの支払い』『財産的な価値』『電子処理組織』などの言葉を見ていくと「インターネット上にある世界共通の”お金”」ということでしょうか?現在使われている法定通貨のようにお札や硬貨といった物理的な形で存在せず、インターネット上にデータで存在するもののようです。

また仮想通貨は世界共通で使えるのもので、同じ種類の仮想通貨であれば世界中どこにいても取引が可能ということです。現在は各国で使用通貨が異なりますが、仮想通貨は世界中で「共通の通貨」として使われることが期待されていて、注目を浴びています。

あまり仮想通貨のことを掘り下げるつもりはありません、私が驚いているのは400憶を超える仮想通貨が不正送金、早い話が盗られたわけじゃないですか、凄い事件ですよ。府中の3億円強奪は、その斬新な手口でいまだに語り継がれていますが、当時奪われた3億円が現在価値で100倍になったとしても300憶円です。いったい日本円で約463憶円の価値を持った「仮想通貨」はどこに行ってしまったのでしょう。

コインチェックの大塚取締役語る「自己資金で返金します」463憶円もの現金をお持ちなのか?

いやいやビックリしたのは不正送金後のコインチェックの対応です。コインチェックは顧客に対して全額を日本円で返金する方針を明らかにしまし

引用 コインチェックCM

た。コインチェックの会社データを見ると資本金は9000万円となっています、総資産額の内容がわかる資料が公開されていませんので、現預金がどれだけあるのかはわかりませんが、預金から返金を行う予定のようです。

通常の会社であれば、突然に463憶もの出費があると立ち行かなくなるものです、コインチェックは返金後は業務再開を発表しています。いったい、この会社どんだけの資産を持っているのでしょう。コインチェックの和田社長は27歳、ビリギャルなどで知られる人生のストーリー投稿サイト「STORYS.JP」を開発、多くの人気コンテンツを生み出しました。

その和田社長が経験のない金融系のサービスに乗り出すことに関しては多くの投資家が反対したようです。しかし、和田社長は「日本で一番簡単な取引所」を目指すとしてコインチェックをを立ち上げました。本人は「ウェブが良く分かってない人たちのサービスが多く、自分がやればわかりやすい取引所を作ることができると思った」と語っています。今回の危機を招いたのは金融に対する安易な考えがあったからかも知れません。

しかし、返金を行って営業を継続していくとなると、いろいろと大変なことが予想されます。そうしたリスクを含めて、今後も成長が見込まれるのが仮想通貨ということなのでしょう、仮想通貨は『その価値を信じる人々』の間で流通する通貨です、国家補償の無い『利用者の信頼』をベースとする通貨。今後は今以上に質の高い、ルールやセキュリティが必要となっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA