2月1日はテレビ放送記念日 ニュースは大相撲だけじゃない!テレビを見直そう。

暮れからず~と相撲の話題ばかりがニュースになります、相撲の合間に不倫ネタが取り上げられ、後は天気関係。テレビが面白くなくなってきています、ひどい番組になるとゴールデンタイムなのに5%なんていう視聴率を記録する場合もあります。高須クリニックの高須克弥院長はフジテレビの国民的アニメ「サザエさん」の番組スポンサーになれず「悔しいなう」とツイートしていましたが、逆にスポンサーにならなくてよかったのかもしれません、テレビのコンテンツの質は低下しているのです。考えても見て下さい、サザエさんはいったいどの時代をベースにお話が展開しているのでしょう、どう考えても昭和ど真ん中の価値感で描かれているとしか思えません、今時、カツオやワカメのような子供はどこを探しても見つかりません。

NHK東京放送局が日本初のテレビの本放送を開始したのが昭和28年2月1日です。

●最初の第一声は東京・内幸町の東京放送会館から

「JOAK-TV,こちらはNHK東京テレビジョンであります」これが第一声でした。またテレビ放送は東京都内7ヵ所で一般に公開されて、開局祝賀会の模様や舞台中継、ニュース、映画などが放送されました。当時の受信契約数は866件、受信料は月200円だったそうです。この年の8月には日本テレビが、翌昭和29年にはNHK大阪と名古屋でも放送が開始されました。当時のラジオ東京(現TBS)が放送を始めたのは昭和30年のことです。

■今では考えられないテレビに対する価値観

引用 産経ニュース

当時は受像機の価格が高く、どこの家庭でも買えるようなものではありませんでした。主流はデパートや駅、公園などに設置された『街頭テレビ』でした。テレビで放送されていたのはプロ野球、ボクシング、大相撲などで街頭テレビの前に集まった人たちは熱狂しました。国産の第一号テレビは1953年1月に発売されたシャープ製テレビで価格は175,000円、当時の公務員の初任給は高卒で5,400円でした。

■普及する受像機と共に各局の放送内容も充実

日本国内の経済成長に伴って受像機の価格も低下し、地方放送局への免許交付も行われるようになって、テレビは冷蔵庫や洗濯機と並んで新時代の象徴として『三種の神器」と呼ばれ、お茶の間に普及していきました。1960年代に入るとカラーでの本放送も始まり、カラー方式の受像機も販売されるようになりました。開始当初はNHKのカラー放送は1日1時間で、まだまだ白黒放送が主流でした。また受像機の価格も大学新卒の新入社員の給与が1万円代だったのに対して、21インチで52万円以上という高額商品でした。

●通信衛星を利用するようになりテレビは世界的な広がりを見せる

1963年11月に太平洋上を周回する通信衛星を使って日米間初の衛星テレビ伝送実験が行われます。そして、この第一回の実験放送寸前に、ケネディ大統領の暗殺というショッキングな事件が発生します。当初予定されていたのはケネディ大統領の日本国民に向けたメッセージの予定だったのですが、送られてきたのはケネディ暗殺という衝撃的なニュースだったのです。そして、衛星放送の成功によって「東京五輪」の模様を世界に中継することができたのです。

■テレビの存在価値が存分に知れ渡った世界の重大ニュース

引用 インターネットコム

衛星放送による中継の成功により世界の重大ニュースをテレビを通じて見ることが出来るようになりました。代表的な出来事が1969年7月21日のアメリカの宇宙船アポロ11号による月面着陸です。アームストロング船長とオルドリン飛行士の2人が人類史上初めて月面着陸に成功したのです。私を含め、当時の子供たちは学校の授業が終わると走って帰って、この月面着陸の光景を見ました。驚くのはこの宇宙からの中継をリアルタイムで見た人の数です、世界中で6憶の人が見たと言われています。また、NHK・民放含めて月面着陸の同時中継を見た人は68.3%だったという調査結果が残っています。テレビの存在が不可欠となった出来事と言えます。

■日本国内の重大ニュースもリアルタイムで伝えられる

世界からの衛星を通じたニュースも思い出にありますが、日本国内で起きた事件がリアルタイムで放送された際

引用 朝日新聞

には、やはり学校の授業が終わるや否や駆けだして、茶の間の前のテレビに噛り付いていました。1970年3月31日に発生した『よど号ハイジャック事件』はそのひとつです、当時はまだ飛行機に乗ったことさえなかったのですが、目の前で繰り広げられる犯人グループの行動と日本政府の対応に固唾を飲んだのを覚えています。また、1972年2月19日から28日にかけて起きた『あさま山荘事件』も衝撃的なものでした。連合赤軍が人質をとって河合楽器の保養所だった「浅間山荘」に閉じこもった事件です。犯人側の銃撃に寄って警察側に死傷者が出ました、また、鉄球を使った突入の瞬間も放送され、日本中の人々がテレビに釘付けとなりました。

※どうしてテレビ視聴者は離れていくのでしょうか?

ニュース報道を中心にした話だけで終わってしまいましたが、現在もテレビニュースの重要性は失われたわけではありません。火山の噴火、風雨による災害、即時性を持ったテレビからの情報は価値を失ってはいません。どんなにネットが発達したと言っても、単に動画や画像を公開するだけでは情報として足りない部分があります。テレビにおける『報道』は、そうした意味で”正確”な情報を伝えることができるメディアと言えるのではないでしょうか。

テレビにおける問題は、バラエティ系の情報番組やドラマにあると考えています。見るに値する内容になっているかということです、バラエティ系の情報番組ではゴシップ週刊誌に取り上げられた話題を掘り下げ、不倫や政治家の不良素行ばかりを取り上げています。ここ最近では大相撲協会と周辺に関する話題ばかりです、確かに『旬な話題』なのかもしれませんが、そればかりではなく各局、それぞれに色を出した情報の提供の仕方があるのではないでしょうか。

今回は、ドラマやバラエティに言及することはできませんでしたが、近いうちにドラマやバラエティに関しても取り上げて書きたいと思っています。テレビ放送が始まった今日「自分にとってのテレビ」とは何かを考えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA