「あさイチ」新司会に博多華丸・大吉、近江友里恵アナ、番組を福岡ローカル化してほしい。

引用 NHK あさイチ

NHKの朝の情報番組「あさイチ」を降板するV6井ノ原快彦さん、有働由美子アナの後任が、お笑いコンビ博多華丸・大吉さんと近江友里恵アナに内定したことが2月9日に分かりました。博多華丸・大吉さんは名前の通り福岡の出身、また近江友里恵アナもまた以前の勤務地は福岡、そして「ブラタモリ」で福岡出身のタモリさんのアシスタントを務めています。「あさイチ」が福岡ローカル化したようで愉快です。

新規メンバーはなかなかユニークな方々

■近江友里恵アナは期待の大物らしい

引用 NHK おはよう日本

近江友里恵アナと言えば、そのポンコツぶりで注目度を上げている女性アナウンサーでもあります。平成16年の6月『おはよう日本』の“まちかど情報室”に出演した際、ギンガムチェックのブラウスを前後ろ逆さまに着て出演した際は、ネットで大騒ぎとなり広報から間違いを謝罪するコメントまで出しました。また、今年2月には『おはよう日本』放送中に「寒い時には部屋の中でタヒチアンダンスを踊って、南国気分に浸る」とコメント、周囲はドン引きしていました。しかし、近江アナは熊本・福岡の地方2局に勤務した後、東京アナウンス室勤務という女性アナウンサーとしては出世コースを辿っており、NHKでは期待されている存在なのです。

■「できる才」が前に出ないことが「できる女」の証かも

近江アナは「ブラタモリ」のアシスタントを平成16年の4月から務めています、なかには「近江に代わってからおもしろくない」といった評価が一部にあるようですが、大半の近江アナウンサーに対する評価はなかなかのようで、共演のタモリ氏からも気に入られているようです。そもそも台本のない番組でタモリ氏との掛け合いで番組を進めなければならないのですから、ただの「天然」では番組は成立しません、また、近江アナが福岡での勤務経験を持っていたことも大きかったと思います、福岡は多くのタレントを輩出する土地柄だと思われていますが“笑い”は別物、大阪や東京とは感覚が違うのです、そうしたことを経験的に知っている近江アナだからこそタモリ氏のアシスタントが務まるのだと思います、その調子で「あさイチ」でも博多華丸・大吉さんをサポート、お願いします。

遂にNHK朝の情報番組のMCとなった博多漫才コンビ

■福岡時代はタレントのイメージが強かった華大

福岡に吉本事務所が進出したころ「金儲けばっかり考えてくさ、福岡まで来んでよかとたい」といったアンチ吉本がけっこういました。要は、大阪

引用 オリコンニュース

文化に博多が侵食されるような感覚を持っていたのです。そんな福岡吉本の1期生に博多華丸・大吉さんやカンニング竹山さんがいました。博多華丸・大吉さんは福岡ローカルでは大人気で、福岡内では知らない人はいないくらいでした。しかし、福岡だけなので1歩外に出れば知名度はまったくありませんでした。竹山さんは「福岡だけで売れてもしょうがなか」と福岡吉本を1年で辞めて東京に出て「カンニング」でブレイクします。一方、博多華・大吉さんは福岡でMCやレポートの仕事をこなし、地元ではそれなりのポジションを持っていました。しかし、この当時『漫才』
のイメージはまったくありませんでした。

■「博多漫才」で全国区となった博多華丸・大吉

博多弁を多用した漫才をメインとして演じるようになったのを見かけるようになったのは、東京に進出してからです。福岡で1990年にデビューしてから、既に15年が経過していました。東京に出た当初は、35歳を過ぎてオーディションを受ける彼らへの風当たりは強く「もっとフレッシュな芸人がいい」「面白いけど伝わりにくい」といった悲惨な体験も多かったといいます。しかし、同じ年に「とんねるずのみなさんのおかげでした」の『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』の第6回大会で華丸さんが優勝、これを機に一躍注目を浴びるようになります。そして、この“小玉清ネタ”で翌年のR-1グランプリに優勝。2011年には「THE MANZAI」でも優勝します。彼らの漫才は関西の「どつき漫才」のような激しいものではなく、ゆったりとした間で丁寧にボケとツッコミを繰り広げる形態で、穏やかで温かい笑い」を呼ぶ『博多漫才』なのです。もともと、そうしたジャンルがあるわけではありませんが、大阪人にも東京人にもできない”漫才”は「博多漫才」なのです。

博多華丸・大吉+近江友里恵の「福岡色トリオ」、その東京でも大阪でもない感覚で朝のNHKを唸らせていただきたい、そしてお茶の間のみなさんにも「なるほど」と思っていただけるパフォーマンスを期待しております。「よかでしょうか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA