「どげんしたとや!」G20福岡が落選、ホテルがネックとはどういうこと?

引用 西日本新聞電子版

政府は2月20日、2019年に日本で初めて開催される20ヵ国・地域首脳会合を大阪で開催することを決定しました。福岡県や愛媛県も誘致に名乗りを上げていましたが、1995年にアジア太平洋経済協力会議(APEC)を開催した実績や、空港からのアクセス、海外の首脳級が宿泊するホテルが充実していることなどの理由で大阪に決定しました。開催予定は6月下旬から7月初旬を軸に検討しているようです。福岡市では、G20 財務相・中央銀行総裁会議を開くことになりました。

過去の実績と施設の問題で大阪に決定

2019年は日本国内での政府関連行事、天皇陛下の退位や新天皇の即位、アフリカ開発会議(TIAD)、スポーツではラグビーワールドカップ(W杯)などの重要行事が予定されており、政府はG20 の実施時期の決定を急がなければなりませんでした。大阪府と大阪市は昨年11月、大阪市住之江区の人工島・咲洲の国際展示場「インテックス大阪」を会場とする計画案を外務省に提出したと発表していました。25年国際博覧会(万博)の誘致に弾みをつけたい松井一郎大阪府知事らが、安倍晋三首相や菅儀偉官房長官にG20 誘致を働きかけていました。

G20は日本や米国などの先進7ヵ国(G7)に加え、中国やロシア、インドなどの新興国が集まる枠組みです。G7に比較して開催規模が大きく、ホテルはスイートルームを含めて3万室程度が必要とされ、警備も重要な課題となります。福岡市は「国際都市としてアピールする大きな機会」として誘致に乗り出しました。主要会場は福岡空港からのアクセスが良く、警備が容易な福岡市のホテル「ヒルトン福岡シーホーク」を想定していました。しかし、外務省からは宿泊施設の不足を指摘されていました。確かに福岡中心市街地は空港からのアクセスは抜群なのですが、学会クラスの集まりであっても宿泊施設が満杯になる状態があり、外務省からの指摘は当然かも知れません。

各都市の身の丈にあった国際行事があるのではないだろうか?

福岡市が誘致に乗りだしたのは昨年11月。アジアのリーダー都市への大きなステップになるとみて、高島宗一郎市長が先頭に立って活動を始めました。高島氏と関係が深い安倍晋三首相も、福岡市をアベノミクスの象徴と位置づけ、地方創生のアピールにもつながると評価していました。問題となったのはホテルなどの宿泊施設不足。福岡市は当初、首脳らの宿泊施設としてクルーズ船なども活用する計画でしたが、政府は警備面で問題があると難色を示しました。福岡開催を推した麻生太郎副総裁は「ホテルはなんとかする」と菅儀偉官房長官を説得、福岡市は12月末には市内のホテルから、部屋を回収してスイートルームを増設する協力も取り付けていました。こうした努力の結果、1月末の評価書面では「大阪と福岡が同列」と評価されていました。

安倍首相はぎりぎりまで決断を迷ったようですが、宿泊施設の不足、空港の容量、警備態勢などの総合評価で大阪に軍配を上げたようです。安倍首相は「福岡市で財務省・中央銀行総裁会議を開催」することでおとしどころにしたようです。この結果に福岡市関係者は「千載一隅のチャンスだったのに。信じられない」と意気消沈していました。首脳会議のネックになったのは「高級ホテル」の不足とされています、これに対し市関係者は「中央銀行総裁会議を契機として街づくりを一段と進めていく必要がある」としています。しかしながら、空港が中心地区に近く(世界的に例がないほど近距離)、中心地区の機能がコンパクトにまとまった福岡市、国絡みの大型行事の誘致もよろしいが、せっかくの『コンパクトシティ』の良さを無くしてしまっては意味がないのではないでしょうか、確かにトランプさんに博多豚骨ラーメンを食べさせて「Good!」と言わせたいのはやまやまではありますが。街にあった行事というものを考えた方が良いのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA