指原莉乃も利用するICL眼内永久コンタクトレンズはそんなにいいのか?

引用 北名古屋眼科

AKBの指原さんがやって、その効果を公表しているICL(眼内永久コンタクトレンズ)とはどんなものかをご存知ですか、これまではレーシック手術が有名でした。しかしICLはその効果を超える内容をもたらす新方式の治療として注目を集めています、ICLはソフトコンタクトレンズに似た材質の眼内レンズを使用します。眼内の虹彩の後ろに眼内レンズを挿入することで屈折力を変え、近視・乱視を矯正するものです。コンタクトレンズのように日常生活の中で外れてしまうこともなく、異物感もないといいます。裸眼と同じ快適さで視力が回復するそうです。

ICLのレーシックとの違い

■長期に渡って、近視の戻りがない

レーシックには、近視がもどってしまうというデメリットがあります。近視の戻りとは、手術後数ヵ年を経過すると視力が以前の状態に戻ってしまう状態をいいます。レーシック治療を受ける前のもともとの視力が悪い人、角膜を削る量の多さによって近視に戻ってしまう可能性が高くなってしまいます。しかし、ICLは元の視力に関係なく、近視の戻りがありません。手術後何年経っても、手術直後と同じ見え方を維持することが出来ます。

■角膜を削ることがないので見え方の質が高くなる

ICLは角膜を削ることなく、眼内のレンズで近視を矯正します。このため、メガネやコンタクトレンズで矯正することのできない角膜のわずかな歪みが増えることがなく安全です。そのうえ、ハイビジョンのようにクリアで鮮やかな見え方、立体感を実感でき見え方の質を向上させることができます。レンズは交換する必要がないため長期に渡って安定した視力を維持できます。また、レンズを交換したり取り出すことで、視力の調整や元の状態に戻すこともできます。

手術内容に関しては専門医で確認して納得の上で

■ICLは自由診療となります

ICL手術は「自由診療」となります。保険診療とは異なりますので、保険の対象外となります。厚生労働省に正式に認可された治療法ですが、レーシック手術と同じように保険は適用されません。このため、かなり高額の治療費となるため、手術を受ける場合には十分に専門医と話し合い、納得した上で手術を受ける必要があります。これは、ある眼科医でのICL手術の例ですが片眼で30万円、両眼で60万円が必要です。この価格にはレンズ代金や手術前後6ヶ月間の検査・診療・投薬の費用が含まれています、あくまで一例です。

■矯正のために何を使うかは「個人の考え方」

ここでご紹介したICLはこれまでのレーシックと比較して、その施術内容や効果が優れていると言われています。しかし、視力の矯正に関しては様々な方法があります、メガネ、コンタクト、レーシック、どの方法を選ぶかは「個人の好み」であって、これでなければということではないと思います。そのための自由診療なのだと思います、しかし、器具を使うのが「めんどう!」とお思い方にはお薦めの治療法かもしれません、検討してみてはいかがですか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA