光市母子殺害事件の被害者、本村洋さんが語る「殺すことへのハードル」。

引用 newsjpnet

衝撃的な事件でした。光市母子殺害事件は、1999年4月14日、山口県光市内の日本製鐵光製鐵所社宅アパートで発生した殺人事件です。当時18歳1ヵ月の少年Fにより、主婦(当時23歳)が殺害後に屍姦され、その娘の乳児(生後11ヵ月)も殺害された上、財布が盗まれた少年犯罪です。少年Fは殺人・強姦致死・窃盗の各容疑で裁かれました。一・二審は死刑求刑に対し、無期懲役の判決が出るも、最高裁で破棄差し戻しになり、控訴審で言い渡された死刑判決が確定します。被害主婦の夫である本村洋さんは、少年Fへの死刑適用を求めつつ、犯罪被害者の権利確立のため「あすの会」を設立、犯罪被害者等基本法の成立に尽力しました。

あまりにも残虐な犯罪と信じられない弁護内容

■記憶に残る残虐な犯行

1999年4月14日午後2時半頃、少年Fは山口県光市の新日本製鐵光製鐵所社宅アパートに強姦を目的に押し入りました。排水検査を装って居間に侵入したFは、女性を引き倒して馬乗りになり強姦しようとしますが、女性が激しく抵抗したため、女性の頸部を圧迫し殺害した後、強姦の目的を遂げます。また、傍らで泣き止まない娘にも殺意を抱き、床に叩きつけた後、首に紐を巻き付けて窒息死させ、居間にあった財布を盗んで逃走します。

■信じられない幼稚な言い訳とFの本性

少年Fの弁護側は、広島高等裁判所の差し戻し審では「母恋しさ、寂しさからくる抱きつき行為が発展した傷害致死事件。凶悪性強くない」として死刑回避の方針を明らかにしました。また、弁護団は差し戻し審においてFから
「強姦目的ではなく、優しくしてもらいたいという甘えから抱きついた」
「乳児は殺そうとしたのではなく、泣き止ますために紐を蝶々結びにしただけ」
「乳児を押し入れに入れたのはドラえもんに助けてもらうため」
「死後姦淫は、小説『魔界転生』に復活の儀式と書いてあったから」
などの、一審では主張していなかった荒唐無稽な弁解を行いました。

しかし、一審で無期懲役判決が出た後、Fは知人に以下のような手紙を、拘置所から出しています。広島高等検察庁は、これを「被告人Fに反省の情が見られない証拠」として、広島高等裁判所に証拠提出しました。
「終始笑うのは悪なのが今の世だ。(中略)私は環境のせいにして逃げるのだよ アケチ君」
「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」
「犬がある日かわいい犬と出会った。…そのまま「やっちゃった」…これは罪でしょうか」
まったく反省がないというより、もともと無期の判決を予想して行った犯行のようにも思えます。

理不尽とも言える一審・二審の判決に立ち向かった本村氏

■裁判経過中、本村氏は死刑判決を強く求めていた

裁判中、本村さんは強く少年Fへの死刑判決を望む旨を強く表明し続けました。平成13年12月26日に行われた意見陳述では「被告人Fが犯した罪は万死に値します。いかなる判決が下されようとも、こもことだけは忘れないでほしい」と述べています。また、一審判決後には「司法に絶望した、加害者を社会に早く出してもらいたい、そうすれば私が殺す」と発言、本村氏の無念の情を強く表した言葉で印象的でした。

■果たして本村氏の言葉に反論できる人がいるのだろうか?

そして今日、本村氏の名前がネット上で飛び交っています。読売テレビの「そこまで言って委員会NP」に本村氏が出演して、死刑に関して語ったからです。本村氏は
「もし、この国の刑法から死刑という刑がなくなって、例えば子供たちに教育するときにひとり殺しても、100人殺しても、10,000人殺しても、あなたの命は国が保証しますよっていうふうに教育をしたときに、果たして人を殺すということに対するハードルが下がってしまうんではないか」
「死刑を執行するしないと言うよりも、人を殺めてしまったら自分の命を差し出さなければならないという社会契約を結んでいるんだということを実感するためにも、私は死刑制度を残すべきだと思う」
本村さんは殺人事件当時には鬼気迫る顔で犯人の死刑を、いいえ犯人に対する報復を叫んでおられました。月日が経って、多くの被害者の方の権利を代弁されてきた本村さん、静かに持論を主張される姿には胸がいっぱいになりました。法律や社会的な問題は、いつだって付いてきます、しかし、本当に報われなければならない人たちは幸せになっているのでしょうか。本村さん「お疲れさまでした」そして「幸せになってください」心から、そう言わせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA