林芳正文科相が公用車で「キャバクラヨガ」通い。これこそが破廉恥行為!安倍さんはどうする?

引用 朝日新聞デジタル

森友学園の文書改竄問題、加計学園の獣医学部新設問題、財務省官僚によるセクハラ、自衛隊の日報問題、安倍政権の抱える問題は膨らむ一方です。ここに来て、新たなスキャンダルが発覚しました。林芳正文部科学大臣が「キャバクラヨガ」と呼ばれる店に公用車で出かけていたことを週刊文春が4月24日に報じました。林芳正文部科学大臣は参議院で当選4回、東大法学部を卒業後、ハーバード大学大学院を経て政界に入りました。自民党内では屈指の政策通であり、防衛大臣、農林大臣などを歴任しました。党内では将来のリーダーとして期待される存在でした。

週刊文春によると…

■その日、林大臣はいつものように公用車で「キャバクラヨガ」へ出かけました

林芳正文科相は平日の午後浅い時間帯に「キャバクラヨガ」と呼ばれる店に、公用車で出かけていたことが文春の調べによってわかりました。文春によれば、4月16日14時半頃、林大臣を乗せた公用車は恵比寿にある雑居ビルの前に到着。林氏はヨガスタジオに入り、2時間を過ごした後、待たせていた公用車に乗り込みました。店は、元AV女優が経営、個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターから一対一でヨガ指導を受けた後、オイルマッサージなどが施される。料金は男子客が1万1000円なのに対し、女性は3000円、客とのLINE交換や食事、交際も認められていて、テレビでは「キャバクラヨガ」として扱われていました。

■この日は加計学園獣医学部新設問題で文部科学省内では文書の探索が行われていました

以下は週刊文春HPより引用です。
”林大臣は、週刊文春の取材に事実関係をこう認めた。
ー16日午後に恵比寿に行っていた。ヨガとか?
「そうですね。」
ー毎週のように?
「あのー、定期的には」
ー体を鍛えるため?
「そうです。健康のため」
ー加計問題の最中、誤解を招くのではないか。
「まぁ、予定の空いた時間にそいうところに」
ーこのお店がキャバクラヨガと呼ばれたりしていることは?
「それは知りません」
ープライベートなのか。
「注意したいと思います。そこはすいません」
公用車を巡っては、舛添要一都知事(当時)が湯河原の別荘通いなどに利用していたことで、公私混同と批判を浴び、経費の一部を都に返還している。また、前川喜平前文科事務次官が勤務時間外に、”出会い系バー”に出入りしていた問題で首相官邸から厳重注意を受けており、官邸の対応が注目される。

そもそも”キャバクラヨガ”は健康のために行く場所なのか

■”キャバクラヨガ”の呼称はバラエティ番組が元ネタか

今回、林大臣が通っていた店は元AV女優の庄司ゆうこさんが経営する「P.S.Y」であることがわかっています。同店は出川哲郎さんがMCを務めるバラエティ番組で紹介されたこともあります、その際、従業員のお客への対応がキャバクラみたいで「キャバクラヨガ」と呼ばれていました。このお店のホームページでは在籍するインストラクターを集合写真で見ることができますが、元グラビアアイドルやキャバクラ嬢ということで、皆さん可愛い方ばかりです。また、料金が女性3000円に対して男性11000円と言うのは、通常の「ヨガ教室」ではなく、男性が行くと楽しい「ヨガ教室」であることを物語っており『健康の為』という林大臣の説明はいかがなものでしょう。

■経営者の庄司さんのお話では

林文科相に関して「P.S.Y」経営者の庄司さんは、大臣は5,6年前から体型引き締めのために通っており、通常は土・日に来ており、今回のように平常日の利用は珍しい、また、性的なサービスは一切行っていないと説明しています。問題は「性的サービス」を受けたかどうかではなく、文部科学省のみなさんが忙しく働いている中、①公用車を使い ②公務時間中に ③個人的にサービスを受けた ことが問題なのです。そこに、単にヨガではつらいから「カワイイ娘」のいる店にしたという”おまけ”がついています。私的時間なら問題はありませんが、公務時間内での行為としては十分に妥当性を欠くものです。このように「単に健康を考えるだけでは」つまらないから「きれいな女性に指導してもらいたい」と思うことが、破廉恥(恥を恥ともおもわないこと。恥知らず。厚顔無恥)ということではないでしょうか。事実、健康のために公用車を使った舛添さんは辞職に追い込まれました。さ~て、林大臣はどうするのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA