秋葉原無差別殺傷事件から10年、「加藤智大」犯人の名前を覚えていますか?

引用 世界の裏

2008年6月8日12時30分過ぎ、東京都千代田区外神田四丁目の神田明神通りと中央通りが交わる交差点で、元自動車工場派遣社員の加藤智大(犯行当時25歳)の運転する2トントラックが西側の神田明神下交差点方面から東に向かい、中央通りとの交差点に設置されていた赤信号を無視して突入、青信号を横断中の歩行者5人を跳ね飛ばし、その後タクシーと接触して停車しました。停車後、すぐに車から出た加藤はタガーと呼ばれる短剣で次々に歩行者を襲いました。これにより7名が死亡し、10名が負傷しました、本件はマスメディアや書籍では「秋葉原無差別殺傷事件」と呼ばれています。

テロ事件の現場にも似た悲惨な状況

■車で跳ね、タガーで刺した。

横断中の5名の歩行者を跳ねた後、加藤はタクシーと接触し停車。周囲の人たちは交通事故だと思っていましたが、トラックから出た加藤が、跳ねられて道路脇に倒れこむ被害者の救護にかけつけた通行人や警察官ら17名を、所持していたタガー(短剣)で立て続けに殺傷します。被害にあって倒れた人たちは血を流し、現場周辺はテロ事件現場のような悲惨な有様でした。昼に流れたニュース報道の初期は、状況が把握できずに被害者の状況と救助の人々を写すだけでした。

■捕まった犯人は25歳の青年、加藤智大

奇声をを上げ、逃走しながら凶器を振りまわす加藤。事件発生後まもなくして近くの万世橋警察署秋葉原交番から駆けつけた警察官が加藤を追跡し距離を詰めます。抵抗する加藤は防護服を切りつけるなどして、警察官も傷つけようとしますが、景観側は警棒で応戦、最後には拳銃の銃口を加藤に対して向け、武器を捨てるように警告、応じなければ発砲すると警告。この警告にタガーを捨てた加藤を非番でたまたま居合わせた蔵前警察署の警察官とともに取り押さえ、旧サトー無線本店脇の路地で加藤は拘束されました。揉み合っていた時間は5~10分程度だったといわれています。捕まった犯人・加藤は特別な背景や思想を持った人間ではなく、そこらへんにいる普通の25歳の青年でした。

身近に迫る危険、その場に居合わせた私の娘

■ニュース報道は混乱し、状況は掴めていなかった

その日、私は一人で昼食を食べ、テレビを見ていました。妻も高校生の子供たちもどこかに遊びに出ていて、私が留守番でした、どの局も映し出されるのは秋葉原の大通りでの救助活動の様子ばかりでした。「トラックが人を跳ねた」「ナイフを持った犯人が逃亡している」「現場は戦場のような有様」、犯人が逮捕され事件の概要がわかるまでは、かなりの時間を要した記憶があります。そんな中、チャイムが鳴ります、ドアを開けると友達に支えられて真っ青な顔の娘が立っていました。娘の友人は「秋葉原にいて…」その言葉だけで十分でした、娘を家に入れて、友達を送りました。娘を連れ帰ってくれたその友達はしっかりしていて「大丈夫ですから」としっかりとした歩調で帰っていきました。戻ってみると、娘は部屋のベッドに倒れこんでいました。

■被害者は現場に居合わせた数百の人々

娘から詳しい話が聞けたのは翌日だったと思います。「友達とトイレに入ろうと、飲食店舗に入ったときにドーン、ドーンと音がした。」「外に出てみると人がいっぱい倒れていた」「血をいっぱい流していた女の人がいた」「友達が手を引いて、連れ帰ってくれた」「自分では歩ける状態ではなかった」「震えが止まらなかった」断片的にしか現場の状況は聞けませんでしたが、十分でした。もし、タイミングが少しずれていれば、私が冷たくなった娘を秋葉原に迎えに行くことになっていたかもしれません。神に感謝する他はありませんでした。


しかし、直接的な被害を受けていなくても影響は出るのです、事件から数日して娘は寝ていて奇声を発するようになります、PTSDだったのかもしれません。病院に連れて行けば「病気」を認めてしまうことになるため、極力、自身の好きにさせて10年が経過しました、もう10年経つのに、いまだにうなされることがあるようです。事件当時、被害者を救おうと周辺に居合わせた数百の人たちにも同じことが起こっていたのかもしれません。被害は直接的な被害者に留まらないのです。しかし、10年経過して犯人の名前を覚えていた人が何人いたでしょうか?私も事件のことは時折思い出しますが、犯人の名前は覚えていませんでした。事件は風化していきます、しかし、いつも身近に「危険」があることだけは忘れないように気をつけて生きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA