もっと厳しく規制しなくては受動喫煙対策法とは呼べない「改正健康増進法」

引用 愛媛県

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立しました。多くの人が利用する施設の屋内を原則禁煙にし、違反者には罰則も適用する内容です。今後、段階的に施行し、東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月に全面施行します。改正法は、事務所や飲食店など多数が利用する施設の屋内を原則禁煙とし、喫煙専用の室内でのみ喫煙できようにします。加熱式たばこは受動喫煙による健康への影響が明らかでないとして、加熱式たばこ専用の喫煙室では飲食も可能にします。 続きを読む

中国映画「阿修羅」が歴史的興業不振!この機会に日本の「アシュラ」を見よう

引用 映画「阿修羅」

中国史上最大規模の製作費を投じて製作された「阿修羅(Asura)」が興業不振のため、たった1週間で公開停止となってしまいました。日常的にあまり話題になることのない中国映画ですが、この「阿修羅」はどうして話題となっているのでしょうか。あらすじや具体的な内容が公開されているわけではありません、もっとも予告編に関してはネット上で確認することができます。予告編を見るにチベット仏教の神話をもとに“阿修羅”を描いたものと推測できます。この映画3部作の1作目とのこと、スタッフや出演者は第2部の製作準備に取り掛かっていたのではないでしょうか。 続きを読む

星野村で「こっぱげ面」祭り。失われゆく風習の中でガンバル“鬼!”

引用 キナリノ

福岡県八女市星野村で15日、奇祭として知られる「こっぱげ面」が行われました。鬼や神様が民家を回って厄払いを行う祭りは全国各地で行われています。有名なのは秋田・男鹿半島の「なまはげ」ですが、最近ではセキュリティーや実行側の人員的な問題もあり、祭りとしての盛り上がりを欠く状態となっています、これまで問答無用で家に上がっていたのに、最近では事前に承諾が必要な状態になっています。そんな中、星野村では「こっぱげ面」の日には、この日の為に帰省した若者が“鬼”で駆け回り、観光客も多数訪れるようになってきました。 続きを読む

酷暑が続いた3連休、夏はこれからが本番、気温40度越えが続く8月となるのか?

引用 毎日新聞

14日から連休に入りましたが、日本列島は連休初日から広く高気圧に覆われ各地で最高気温35℃を超える猛暑日となりました。15日も広い範囲で高気圧に覆われ、岐阜県揖斐川町と京都府福知山市で今年に入って全国最高の38.8℃を観測するなど、各地で猛烈な暑さとなりました。熱中症で救急搬送される人も相次ぎ、15日午後10時の時点では4人が死亡し、6人が意識不明の重体となっています。気象庁によると、15日は全国の観測地点の2割を超える200地点で35℃以上の猛暑日となりました。各地の最高気温は、岐阜県多治見市と京都市で38.7℃、滋賀県東近江市で38.5℃、群馬県館林市と大阪府枚方市で37.9℃、東京中心部34.5℃などとなっています。 続きを読む

平野レミのハイテンション・トーク炸裂「チン汁が大事‼」が話題

引用 朝日新聞デジタル

祭日の今日、朝からNHKの料理番組が世間を騒がせました。それは8時15分から放送された『もてなし家族に福来る』~平野レミの早業レシピ~での出来事でした。番組概要は

NHK公式番組ガイドより引用
だんだんと厚くなってくる7月。相変わらず縁側でグータラしている家族。そこへおじいさんから「家に来たい」と突然の電話!家族は「料理はどうしよう?」と大慌て。そこへお隣の料理愛好家・平野レミさんが元気いっぱいに登場!「まっかせなさーい!一緒につくりましょう!」グータラ家族も俄然大張り切り。さあ、レミ流「もてなし料理づくりの始まり―。

めざすは69分で14品(VTRで1品)。とにかくカンタン、見た目も豪華で味も良い。夏野菜を生かしたレミ流特性サラダをはじめ、お年寄りも喜ぶレミ流精進料理、お父さんもご満悦夏バテ防止オツマミ、みなで様々な味が楽しめるそうめんなど、ユーモアあふれる「もてなし料理」の数々を創作、レミさんと家族が共同調理する。さあ、だんだんとおじいさんの足音が近づいてくる中、無事に14品つくり切れるか?!出演者それぞれの夏の思い出など、元気が出るハチャメチャ料理トークもお楽しみに!

続きを読む

海離れしているのに「ナイトプール」や「疑似ビーチ」が流行る今夏。

引用 街画ガイド

私が小さなころは夏=海水浴、海に行くことが最大の楽しみになっていました。しかし、今では日焼けは嫌われ、直射日光の照りつけることの夜のプールが流行りだとか。近い将来「海水浴」は死語となってしまうのか。最近は海水浴を敬遠する小学生が増えています。日焼けを嫌い、海水で体がべとつくのが嫌だというのです。昨夏からは「ナイトプール」と称して都心の便利な場所にあるホテルがプールを夕方から営業、多くの若者がプールに向かいました。海のない東京都立川市では砂を敷き詰めた「タチヒビーチ」がオープン、べーべキューなどを楽しむ人が増えています。 続きを読む

「山笠があるけん博多たい!」明日15日、早朝にフィナーレ“追い山”。

引用 毎日新聞

博多の夏の祭り「博多祇園山笠」7月1日から始まったこの祭りも15日にクライマックスを迎えます。地元、福岡の人たちは「山笠があるけん博多たい!」という有名なセリフのCMを日常的に聞いているので「そげんたい!山笠があるけん博多たい」とおっしゃいますが、実際に山笠が始まるのは朝の4時59分、確かに大勢の見物客は集まりますが、5月の「博多どんたく港まつり」には遠く及びません、祭りの内容的には勇壮で見て面白いのは山笠に違いないのですが、巨大な山笠を担いで町内をタイムレースで回る性格上、規制が多く、世間が稼働していない早朝の時間帯に実施するため、観光客の入りがもう一歩なのでしょう。 続きを読む

粉にして海に撒かせたい安倍政権て「どうなの?」嫁と四女で遺骨争奪戦が勃発、麻原彰晃の最後。

引用 ザ・ページ

死刑が執行されたオウム真理教の元代表松本智津夫死刑囚の遺骨の引き取りが問題となっています。元死刑囚が引き取り先に指名した四女の代理人滝本太郎弁護士が7月11日に東京霞ヶ関ビルの司法記者クラブにおいて会見を開き「太平洋に散骨する」方針であることを明らかにしました。また、散骨の際に松本元死刑囚を信奉する信者から攻撃される危険性もあるため、滝本弁護士は国に対し警備などの支援を要請したとしています。 続きを読む

民が水に流され泥に埋もれても笑って酒を飲んでいられるが安倍政権なのですか? 西日本豪雨と自民亭の酒宴。

 

引用 読売新聞

西日本豪雨と関連して各地で被害が出始めた5日の夜、自民党の中堅・若手国会議員が、安倍晋三首相や党幹部を交えて「赤坂自民亭」と呼ばれる恒例の飲み会を、議員宿舎で開いていたことに7月9日、批判が拡大しました。約30人の自民党議員が参加し、複数の議員が楽しそうな写真を自身のSNSで紹介していました。しかし気象庁は7月5日午後すでに臨時会見で、記録的大雨の恐れと厳重警戒を呼び掛けており、政権政党が危機管理の意識が低い事を露呈しました。SNSでは「マトモな政党なら自粛」と指摘もありました、首相は同会には初めて出席、9月の党総裁選挙対応とみられています。同日はちょうど北部九州豪雨から1年目の日、この事からだけでも自粛するのが筋ではないのでしょうか。 続きを読む

今でも記憶に残る和賀英良を演じた加藤剛、永遠の名作「砂の器」を見てほしい

引用 朝日新聞デジタル

映画、テレビで活躍された俳優の加藤剛さんが6月18日午前10時11分、胆嚢がんで死去されていたことが7月9日に、所属する俳優座からの発表でわかりました。享年80歳でした。既に葬儀はご家族で営まれており、お別れの会が9月22日、東京港区六本木4の9の2の俳優座劇場で予定されています。加藤さんは1961年に早稲田大学文学部(演劇)卒業。俳優座の養成所を経て64年、俳優座に入団しました。デビューは62年のテレビドラマ「人間の条件」でした。 続きを読む