7月20日は“土用の丑の日”お宅はどちら?高値の国産ウナギか低価格の不信中国ウナギか、さあ!どっち。

土用の丑の日を前に、記録的な不漁のため国産鰻が食べられるのかと消費者の間では心配が広がっています。しかし、宮崎県の養鰻漁業者に言わせ

引用 九重ホテル

ると「ウナギが売れずに余っている」といいます。生産量全国3位の宮崎県内では、今年取れた稚魚が成長し、皮が薄く身がふっくらとした半年物「新仔ウナギ」の出荷が6月末から全国に先駆けて始まりました。当初は「需要に対して出荷数が足りなくなる」と見込まれていました、宮崎県水産政策課のまとめでは、今期(2017年12月11日~18年3月25日)のシラスウナギの漁獲量は99.4㎏。前期(16年11月24日~17年3月8日)の412㎏に比べ、4分の1に減っていたからです。

どうして品薄と言われるウナギなのに国産は売れないのか?

■国産品は値段の高騰で売れず、中国産が人気

今期の販売が始まると、国産のウナギは売れずにダブつきが見られました。養殖業者の中には「前年の1割程度の出荷量にもかかわらず、買い手がつかず、多くのウナギが余る異常事態だ」と語る業者もいます。宮崎県養鰻漁業協同組合はあ、稚魚の不漁によって値段が高騰した国内産の需要が、値段の安い外国産に移ったためだ、と分析しています。数年前からかば焼き店を含む外食店の多くが、仕入れを外国産に切り替え始めています。今年になってその傾向がより顕著になり、輸入物が市場の9割近くを占めるようになったといいます。

■輸入品だけではなく、代替品も販売されている

今年の「土用の丑の日」は、7月20日と8月1日、うなぎを専門に扱う外食店では年に一度のかきいれ時が迫っています。今年のウナギは、東京・築地市場でキロ当たり5373円(5月平均)、前年同月の4064円よりも1309円(32%)も高くなっています。これは国産鰻の取引価格で、中国等からの輸入鰻の価格ではありません。当然、国産品が高騰しているため、安い輸入品や代替品が台頭してきている状況があります。代替品としては「パンガシウス」(ベトナムで養殖されるナマズの一種)、「近大発ナマズ」「豚蒲焼」などが販売されています、『うなぎみたいな』か『〇〇蒲焼』的な商品が増えています。

本当に輸入ウナギの安全性は確認されているのか?

■数年前には「マラカイトグリーン」が検出されている

国産鰻の高騰に伴い販売量が増えているのが「中国産」のウナギです。しかし、中国産のウナギに関しては2005年に合成抗菌剤マラカイトグリーンが中国産のウナギから検出され問題となりました。マラカイトグリーンとは、発がん性が指摘されている「猛毒」です。この薬物を使うと養殖鰻が病気に強い鰻になるとされ、過密・大量飼育を行う中国国内では秘密裏に使用されていました。これをきっかけに中国産ウナギに対する不信感が高まり、検査等も厳格化されましたが、2013年に埼玉県で販売された中国産ウナギからマラカイトグリーンが検出され、違反行為は止まることはありませんでした。現在では中国国内での取り締まりも強化され、マラカイトグリーンが日本国内で販売されている中国産鰻から検出されることは無くなっています。

■国産か輸入か、選ぶのは「あなた」次第

しかし中国産ウナギの安全性が万全であるとは言えません。輸入時に検査するウナギは全体の一部でしかなく、そのウナギに薬物が使用されていなくても、他が大丈夫だとは言い切れないからです。速成の為に薬品を使用しているとか、通常餌として使用しないゴミなどを与えているとか、風評は後を絶ちません。現実には輸入業者にはピンからキリまであって、大規模な養鰻業者では徹底した安全管理が行われ、日本からの養魚場視察も積極的に受け入れています。しかし、中小の養鰻業者には、いまだに速成の為に薬物を使用し、その薬物が水槽の底に沈殿した状態が日常化しているような養魚場もあると言います。国産の5000円鰻に対し1000円で販売できる中国ウナギとするならば、この価格差には『訳』があるはずです。果たして、その『訳』とは私たち消費者が納得できるものなのでしょうか。みなさんは今年、どちらの「うなぎ」を食べますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA