ちょっと気にかかる「出社なしで辞められる」というEXITの退職代行サービス

引用 EXIT

話題の会社があります。それは“退職代行”を業務とするEXITを運営するセンシエス合同会社です。同社では退職の意思を本人に代わって企業側に連絡、退職に伴う連絡関係が終了するまで、何度でも利用が可能です。しかし、交渉などは行いません、あくまで退職に関して本人の意思を会社に伝えるだけです。同社のホームページでは「上司に言いずらい」「申し訳なく感じる」「辞めさせてくれない」などの状況で、お役立ちだと説明しています。

辞めることは権利だと知らされていない現況

■どこまでが責任なのか?

『毎日、深夜まで残業が続く、人は減っていくが増員される様子はない。段々と疲れも溜まってきて、体を壊しそうだ。』といった状況で会社を辞めようとしたとき、上司が「もう少し頑張ってくれ。人は入れるから」などと甘い言葉で慰留します。自分が居なくなれば誰かがキツイ思いをすると考えると、なかなか辞めると言い出せない。自分にも責任がある、そうなんです、「責任」を感じるのです。どんな状況下でも個人差があるのですからAさんが耐えられるからBさんもCさんも、とはならないのです。そのために労働環境を整備するなどの話が出てくるのです、個人が組織において「責任」を感じるように教育しているのは日本独特の制度なのです。

■第三者にはプレッシャーはかけられない

EXITのサービスは退職の意向を会社に伝えることです。第三者が退職のメッセージを伝えてくるため、会社側は働いていた人間そのものにプレッシャーをかけることはできなくなってしまいます。会社は法律的にも退職の意思を確認して以降、退職の手続きに入らざるを得ません。それは、第三者が退職のメッセージを預かった時点で、会社は“辞める権利”を止められなくなっているということです。基本的な個人の権利行使をサポートするEXITのサービスは画期的なものと言えるかもしれません。これまで「そんな事も言えないのか」と言われてきたことですが、労使というお互いの利害関係から「言いにくい」ことがあったことは確かではないでしょうか。

出社なしというフレーズには抵抗がある

■行かなくても「辞められる」はよくわからない

昨日までやっていた仕事を今日から放り投げて「辞めて」いい。というのは少し納得がいかないのですが、法的にどうなのかはわかりませんが、辞めることを代弁してもらうことは別に問題ないと思うのでうが、一般的に言われる「引継ぎ」や「区切り」といったことは倫理的に必要なのではないでしょうか。「行かなければ」わからないことを残してはいけないと述べているのです、仕事の性格上、その担当者しか知らないことがあれば後を引き継ぐ人間に対して、それを伝えておくことが倫理上必要なのではないでしょうか。実際、自分の周辺で急に退職者が出た場合、その人間が扱っていた内容を把握できないと代替も難しいと思います。恐らくは、代行業務の中に、こうした引継ぎ業務に関する項目も入っているのでしょう。

■自分が見えなくなった時には「外部」のサポートは必要

EXITさんは「過労死」の防止などにも助けになるでしょう。ある環境で孤立すると、他のものが目に入ってこなくなってしまいます。ブラックな会社にいても、動きが取れなくなることはあるものです、外から見れば「辞めてしまえば済むものを」と思うかもしれませんが、その場にいる人間には周囲が見えないことはあります。そんな時に“退職代行”があることを知れば救われるかもしれません。というか、通常の状況であれば3~5万円の料金を払って退職を代行してもらう事はありません。やはり、精神的に負荷がかかる、問題が生じそうな特別な状況での利用が見えてきます。働き方改革などと言って、労働時間や勤務体制の見直しが叫ばれるなか、“退職代行”のようなサービスは必要なサポートとなっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA