今年最高の“暑さ”となった「大暑」、熊谷が日本最高の気温を更新!

引用 chiik!

7月23日午前10:00、現在の外に気温は36℃となっています。場所はさいたま市の北部、今日は二十四節気の『大暑』一年でいちばん暑いころとされています。東京都心では今年最高の気温となる可能性があり、予想気温は37℃です。今年は梅雨明けが早く、暦より早い時期から暑さのピークに入っています。しかし、まだ7月、学校は夏休みに入ったばかりです。暑さとの戦いはこれからが本番だと言えます、今日は場所によっては40℃に迫る暑さになり、場合によっては気象庁の歴代最高気温の記録を塗り変える地域が出てくるかもしれません、体温を超える気温は危険な暑さです。なるべく外出を避け、屋内で過ごしましょう。
(この後、2時過ぎに熊谷で41℃を超え、国内最高気温の記録が変わりました。また多治見や東京都内で40℃を超えるなど、危険な酷暑が続いています。)

過去最高の気温は高知県四万十川の上流地域

■最高気温は高知県・江川崎の41℃

江川崎(えかわさき)は高知県四万十市北部にある地域です。旧幡多郡西土佐村に所属しています。最高気温が出た2013年時点での江川埼地区の世帯数は672世帯、人口は1590人でした。同年8月12日に、江川埼のアメダスは最高気温41℃を観測、日本の最高気温を更新しました。江川崎では8月10日に摂氏40.7℃を記録、翌11日には40.4℃となりました。そして12日に日本最高気温である41℃を記録するのです。翌13日にも40℃を観測、日本初の4日連続最高気温40度以上を記録しました。その後も8月23日までの18日間、猛暑日は継続しました。

■一番暑い時期は、やっぱり8月。これからが本番

基本的に、一番暑い時期は、アメダスの統計によると8月に入って1日~20日くらいまでが、平均気温約33~34℃となっています。お盆期間を過ぎると、いくぶん過ごしやすくなる感じです。昼間の時間が最も長いのが夏至ですが、夏至の日がそれほど暑い印象はありません、今年の夏至は6月21日でした。太陽の光の熱で地面が温められて「暑く」なるまでには時差があります、その期間は1ヵ月半くらいです。ですから夏至から一か月半、8月が最も暑くなる訳です。暦上は本日7月23日が「大暑」となっていますが、実質的な太陽との関係から考えれば8月最も暑い時期となるのです、そうです、これからも更に気温が上がっていくことが考えられます。

最高気温はどこで記録されるのか、やはり多治見や熊谷なのか

■日本国内では内陸の「盆地」が気温が上がりやすい

日本で暑い地域と言えば、内陸にある盆地が考えられます。山形市や甲府市などがそうです、盆地は暖かい空気が停滞し、その影響もあって高温になる可能性が高いのです。もうひとつは、大きな平野の内陸部です、熊谷市や多治見市がそれにあたります。気温が高いことで有名な熊谷市は関東平野の内陸部にあります。最近ニュースでよく紹介される群馬県館林市なども同じ地域にあります。先般、その日の最高を記録した多治見市は濃尾平野の内陸部にあります。しかし、先にご紹介したように四万十川上流地区が過去最高の気温ですから、どこで最高気温が出たとしてもおかしくはありません。その時の、気象条件次第と言えるかもしれません。

■では、世界最高の高温記録はどのくらいなのだろうか?

各国の公式記録として残っているものを参考にすると、アメリカ・カリフォルニア州の記録が世界最高とされています。アフリカや東南アジア諸国の気温の方が高いイメージなのですが、意外です。
・第1位 56.7℃ アメリカ、カリフォルニア州デスバレー(1913年7月10日)
・第2位 55.0℃ チュニジア、ケビリ(1931年7月7日)※ケニアの首都です。
・第3位 54.0℃ イスラエル、ティラットツヴァイ(1942年6月21日)
・第4位 53.6℃ クウェート、スライビヤ(2012年7月31日)
・第5位 53.5℃ パキスタン、モヘンジョダロ(2010年5月26日)
アメリカで最高気温が記録されたのは1913年ですが、昨年、世界各地を「殺人的な熱波」が襲ったことを覚えていますか?アメリカ西部アリゾナ州では6月、約50便の航空機が欠航しました。気温上昇で空気が膨張して密度が小さくなり、離陸に必要な揚力が不足したためでした。デスバレーでは、50℃を超える日もありました、北米各地では森林火災や熱中症による死者も相次ぎました。米国の研究チームは、暑さに起因する死者に関する調査を基に「温暖化ガスを大幅に削減しない限り、2100年には世界人口の最大4分の3が熱波による死の脅威にさらされることになる」と警告しています。日本の本格的な夏も、これからです。しっかりと暑さ対策をして、乗り切っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA