居合道昇段で金銭授受、剣道連盟が常態化を認める。剣道連盟責任者は腹を切って詫びろ!

引用 戸山流居合道会

一般財団法人全日本剣道連盟をご存知でしょうか?日本における剣道、居合道、杖道などの武道を統括する団体です。この剣道連盟が段級位、称号の審査及び授与を行うのです、国内唯一の剣道に関する専門団体であるため、連盟の授与する段などの位は剣道界においては大きな意味を持っています。この全日本剣道連盟の「居合道」部門で、段位・称号取得の際に金銭授受が横行していた実態が表面化しました。同連盟は剣道を通して“人間形成”を行うことを目指して創設された団体だったのですが、内部では「肩書き」売買が行われていたことになります。金銭授受が明らかになったのは、内閣府に提出された告発状によってです。 続きを読む

谷川とむのレベルの低さを嘆くロバート・キャンベルが自身の同性愛をカミングアウト!

引用 TV-ranking.com

自民党の谷川とむ衆議院議員はネットテレビ「AbemaTV」の討論番組に出演、作家の乙武洋匡さんが同性婚や夫婦別姓を認めない政府に疑問を投げかけたのに対して、谷川議員は「多様性を認めないわけではないが、法律化する必要はない。『趣味』みたいなもので」と自身のLGBTに対する見解を述べました。自民党では2016年作成の党内啓発用のパンフレットで性的少数者について「本人の意思や趣味・嗜好の問題との誤解が広まっている。」と性的少数者に対する認識に関して注意を促していました。谷川議員は明らかに誤解しており、また、そのことを気にかける風でもありません。これに対して日本文学研究者のロバート・キャンベル氏は14日、自身が同性愛者だと明らかにしたうえで「政治家がこういうことを言うことに幻滅し、危惧も感じる」と批判しました。 続きを読む

終戦記念日は8月15日で良いのか?沖縄では、北海道では、もっと真実を伝えよう!

引用 NHK

73回目の終戦記念日となる8月15日、日本政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれました。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、遺族ら合計約7,000人が参列しました。日中戦争と太平洋戦争で犠牲となった310万人を悼み、平和を誓いました。来年4月末に退位を控えた天皇陛下と皇后さまにとっては最後の出席となりました。日本国政府としては8月15日を「終戦記念日」としていますが、沖縄本島では激戦が行われ実質的に太平洋戦争が終結したのは6月、北海道北方の諸島では8月15日以降にロシア軍が攻め入ってきて戦闘が行われました、日本にとっての本当の『終戦』はいつだったのでしょうか? 続きを読む

同じアホなら踊らにゃ損、損!!いいじゃん踊れば、総おどりやった方がいいって!?

引用 山陽バス

徳島市では8月12日に「阿波踊り」が開幕しました。昨年までは毎日最後に、1500人の踊り手がおどる「総踊り」がフィナーレとなる名物でしたが、今年は中止せざるを得ない状況になりました。問題は観光協会が抱えた膨大な赤字にありました、阿波踊りは8月のわずか4日間に観光客120万が訪れる超大型の「お祭り」です。しかし、これだけ多くの人が来ているにも関わらず、なぜか万年赤字体質が放置されてきたのです。主催者の観光協会が、その赤字分を市の保証付きで銀行借り入れを行い、埋め合わせてきていたのです。その累積赤字が約4億2千万円、このことが明らかになったのは2017年のことでした。 続きを読む

暑いからこそ食べたいトンコツ!「長浜ラーメン」と「博多ラーメン」は違うもの。

引用 食べログ

関東に住んでいると“博多ラーメン”=長浜ラーメンという認識が一般化しているようですが、私的には博多のラーメンは博多のラーメン、長浜のラーメンは長浜のラーメンと区別しておきたいのです。博多でのラーメンの発祥は昭和16年に屋台「三馬路」で提供された清湯の豚骨スープに平麺だったとされています。当初は白湯ではなく透き通ったスープだったようです。昭和21年に馴染み深い「赤のれん」が博多駅の近くで開業、この時は、まだうどん屋台で、中国で食べた「十銭そば」をヒントに白濁豚骨スープのラーメンを提供するようになったそうです。一方、長浜ラーメンですが、こちらは昭和30年に博多区築港本町にあった魚市場が長浜に移転、それに伴い「元祖長浜屋」「一心亭」など市場ラーメンの屋台も長浜に相次いで移転したのが“長浜ラーメン”の始まりとされています。 続きを読む

日航機墜落から33年目の大きな節目、それでも忘れられない機長の「ドーンと!」

引用 サンケイ

1985年に起きた日航ジャンボ機墜落事故から8月12日で32年になるのを前に、事故直後に遺体が安置された群馬県藤岡市の光徳寺で21日「三十三回忌法要」が営まれました。遺族のほかに、地元住民や関東地方の住職ら150人が出席、犠牲者の冥福と安全への祈りをささげました。光徳寺住職、竹市文光さんは「三十三回忌は仏教では弔い上げの節目だが事故を風化させてはならないという気持ちはこれからも変わることはないと」と話しました。宗教的には大きな節目となっても、そこで終わるものは何もないのです。これからも事故の記憶は語り継いでいかなくてはなりません。 続きを読む

お盆を前に墓荒らし!ナイジェリアだって墓はあるだろうが、罰当たり野郎は国外追放。

大阪、愛媛の両府県で墓石や仏像が壊されたり倒されたりする被害が相次いでいました。愛媛県警は今月2日、同県西城市の寺の仏像を壊したとして、大阪府内のナイジェリア国籍のの男を器物損壊の疑いで逮捕しました。手口が似ていることから、大阪府警と共同で捜査を進め、関連を調べています。「一体なぜ」。お盆を前に考えられない行為に、関係者らは胸を痛めています。国の情勢が安定しないナイジェリアから来日しているとはいえ、死者を葬る墓所が神聖な場所であることにはナイジェリアも日本も変わることはありません、大きな被害を与えた同被告がどうして、このような行為に及んだのか注目が集まっています。 続きを読む

「中止というなら、私を殺してからにしてください」気持ちはわかりますが、やりすぎです“昭和残侠伝”豊岡武士三島市長!

引用 時事ドットコム

今日、全国ネットで取り上げられていました。三島市のJR駅前再開発をめぐる市長と市民のやりとり、映像では7月23日に市役所で行われた、反対派住民と市長とのやり取りが撮られていました。反対派住民側が「反対運動をやるので、覚悟しておいてください」言った後、豊岡市長は「中止というなら、私を殺してからにしてください」と上着を取って、背を向けて床に座り「さあ!」と意気込んだのです。市民のひとりは「これが三島の市長か、恥ずかしい」と罵声を浴びせていました。しかし、なんとか三島市を発展させたいと願っている市長にとって20年も塩漬けとなっていた同用地が再開発されれば、市の活性化につながると必死の思いなのです。 続きを読む

結局、臨時理事会でも「解任」できず!男・山根は明日「勝負」をする。

引用 スポーツ報知

選手への助成金の不適切な流用や、暴力団員だった人物との交際などが指摘されていた日本ボクシング連盟の山根会長は、7日の臨時理事会の後、自らの進退について「まだ決めていません。明日、私自身のけじめの話をします。」と述べ、8日に明らかにする考えを示しました。日本ボクシング連盟の山根会長をめぐっては、選手への助成金の不適切な流用や、暴力団だった人物との長年に渡る交際など、問題が指摘されています。こうした中、日本ボクシング連盟は7日夕方から臨時理事会を開き、一連の問題の報告や第三者委員会について検討が行われました。理事会前には山根会長“解任”かと騒がれましたが、会長の進退に関しては理事会で会長に一任されたようです。「辞任するかどうかの判断は自分でします。43年の人生をアマチュアボクシング界のために貢献してきました。自分の進退については家族や周りの友人にも相談して決めます」と述べ、進退に関しては明日、明らかにされるようです。 続きを読む

どうして認めない!群馬・みなかみ町、前田町長が不信任を受け町議会解散。

引用 pioprin

みなかみ町は関東北部の群馬県最北に位置し、谷川岳・三国山の麓、利根川の源流域で「関東の水瓶」と称される自然と温泉が豊かで風光明媚な町です。人口は19,645人、面積のほとんどが山林で、谷川岳をはじめ登山の拠点としても有名です。そんな、みなかみ町で町長のセクハラ騒動が起きています。これまでも、地方議員の轢き逃げや問題行動を取り上げて来ましたが、どうして自らを律すべき地方政治の場にある人間が、こうした行動をとるのでしょうか?理解に苦しみます。 続きを読む