暑いからこそ食べたいトンコツ!「長浜ラーメン」と「博多ラーメン」は違うもの。

引用 食べログ

関東に住んでいると“博多ラーメン”=長浜ラーメンという認識が一般化しているようですが、私的には博多のラーメンは博多のラーメン、長浜のラーメンは長浜のラーメンと区別しておきたいのです。博多でのラーメンの発祥は昭和16年に屋台「三馬路」で提供された清湯の豚骨スープに平麺だったとされています。当初は白湯ではなく透き通ったスープだったようです。昭和21年に馴染み深い「赤のれん」が博多駅の近くで開業、この時は、まだうどん屋台で、中国で食べた「十銭そば」をヒントに白濁豚骨スープのラーメンを提供するようになったそうです。一方、長浜ラーメンですが、こちらは昭和30年に博多区築港本町にあった魚市場が長浜に移転、それに伴い「元祖長浜屋」「一心亭」など市場ラーメンの屋台も長浜に相次いで移転したのが“長浜ラーメン”の始まりとされています。

博多におけるラーメンの原型は長浜をベースとしている

■替え玉を博多ラーメンの特徴とするなかれ

博多もしくは長浜ラーメンと称するラーメン店で細麺が使用される理由は、麺とスープがよく絡むようにするためと、深夜・早朝に多忙で時間的余裕のない市場関係者に対し、極めて短時間で麺を茹で、入店後に即提供できるようにするためなのです。これが考案され最初に使われたのが長浜の『元祖長浜屋』であり、同店の細麺が今日博多で一般的になっている博多ラーメンの極細麺の起源とされています。また、替え玉は市場で作業する人たちの為に考案されたもので、替え玉までで1食として考え最初の注文時「やわ」で一食、替え玉を「かた」で食べるなど、替え玉があることで量と食べ方の調整ができたのです。今では博多ラーメンは「どこでも」替え玉をすると思われていますが、替え玉が考案されたのは市場で働く人たちのためであり、一般的になったのは「長浜ラーメン」が知られるようになってからです。

■豚骨スープの起源に関しても諸説ある

現在、博多・長浜ラーメンの特徴は極細麺+白湯豚骨スープなのですが、この白湯豚骨スープに関しても博多起源とする説と久留米起源とする説があるのです。博多ではもともと清湯(透き通った)豚骨スープが使われていました、白湯は久留米の屋台「三九」で偶然に誕生し、それが久留米ラーメンとなって鹿児島を除く九州全土に広がったとされています。博多の白湯豚骨スープも久留米スタイルが伝わって使われるようになったのではないかと言われています。その味や、製法を見ても久留米スタイルが現在の博多ラーメンスープのベースとなっているのではないでしょうか。

福岡市内に「元祖長浜」が乱立していることについて

■“ガンソ”が氾濫する長浜エリア、どこが本命なのか

福岡市では長浜エリアをはじめ「長浜ラーメン」を名乗る店舗は少なくありません。しかし起源である『元祖長浜屋』は特別な存在、地元の人たちからは「ガンソ」「ガンナガ」などと呼ばれて親しまれています。福岡市民のソールフード的な存在の店舗と言えます。その“元祖”が増殖しているのです、始まりは2008年に道路拡張工事のために元祖長浜屋が閉店したところからです、その翌年、元祖長浜屋にいた従業員が独立、これまで店のあった近場に「元祖ラーメン 長浜屋」をオープン。さらに2010年4月、長浜屋にいた従業員が独立、また至近距離に「元祖ラーメン 長浜屋」と言う同じ屋号の店舗を開業させます。5月には移転した元祖長浜屋が営業再開、8月には長浜屋出身者による「元祖ラーメン 長浜屋台」という店舗もオープン。元祖長浜屋が移転する時期(1年半)に半径100mの圏内に4軒もの「ガンソ」が乱立する状況となっています。

■スタイルは保つことができても「同じ」を保つことはできない

まだ長浜ラーメンが市場で働く人たちを中心に営業していた頃は、暖簾をくぐる際に「かた」か「やわ」か言わないと、テーブルに着くと「普通」が出てくるくらいのスピード感でした。実質、替え玉まで食べても10分を超えて店内にいることはありませんでした。通常の立ち食いそばでも見られない超速タイプの飲食店だったのです。今では、そんな光景は見受けられません、また、豚骨スープも飲みやすいものになっています、かつては、観光で関東から来た客を連れていくと店の前で匂いを嗅いだだけでリバースするくらい濃厚な豚骨で匂いも強烈なものがありました。現在の「元祖」で提供される“長浜ラーメン”は「みんながおいしくいただけるラーメン」なのです。時代によって変化していくことは悪いことではありません、長浜ブランドが広く日本国中に浸透したのは良いことだと思います。しかし、かつて350円で提供されていた癖の強い「元祖長浜ラーメン」を食べたくなるのは私だけでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA