昭和天皇の残した言葉が痛い。天皇だって人間だから「戦争責任」は重くつらいもの。

引用 朝日新聞

夏になると「戦争」「終戦」「天皇」と“戦争に関連した”事項が取り上げられます。昭和天皇が85歳だった1987年4月、戦争責任をめぐり『仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。辛いことを見たり聞いたりすることが多くなるばかり。兄弟など近親者が不幸にあい、戦争責任のことを言われる』と発言したとされる側近の日記が残されていることが分かりました。昭和天皇に長く仕えた小林忍侍従が記したもので、家族が保管していました。既に昭和は来年には幕を閉じ現天皇の引退が決定しています、こうした状況下で前昭和天皇の戦争責任に対する“本音”が公開されることは意味深いことです。

公表された侍従の日記

■戦争責任を深く感じておられた昭和天皇

共同通信が小林侍従の遺族から日記を入手し、8月23日、その一部を報道各社に公開しました。小林侍従は人事院の出身で、昭和天皇の侍従になった74年4月から、香淳皇后が逝去する2000年6月までの26年間にわたって日記を記していました。その記述によると昭和天皇が戦争責任を気にかける発言が記されていたのは87年4月7日の日記でした。「昨夕のこと」と記され、昭和天皇がお住いの皇居・吹上御所で小林侍従に語ったものとみられます。昭和天皇が語られた「戦争責任のことを言われる」のくだりは、そこで終わっており、昭和天皇は前出の“つらい”に戦争責任を関連づけられていたようにも解釈できます。日本の第二次世界大戦後の処理で最大の問題は、天皇制の扱いでした。日本占領政府であるGHQのダグラス・マッカーサーは1946年、天皇を日本国の象徴として扱うことにし、日本側も1.天皇制の維持 2.天皇の戦争責任回避 この2点で受け入れることになったのです。

■国民のほとんどは昭和天皇に責任があるとは考えていない

日中戦争や太平洋戦争を経験した昭和天皇が晩年まで戦争責任について気に掛けていた心情が改めて浮き彫りとなりました。小林侍従は昭和天皇の側近として長く務め、日記は昭和後半の重要史料であるといえます。小林侍従はその場で「戦争責任はごく一部の者が言うだけで国民の大多数はそうではない。戦後の復興から今日の発展をみれば、もう過去の一コマにすぎない。お気になさることはない」と励ましたそうです。日記には昭和天皇がこの時期、具体的にいつ、誰から戦争責任を指摘されたのかについての記述はありません。直近では86年3月の衆議院予算委員会で共産党の故森成二氏が「無謀な戦争を始めて日本を転覆寸前まで生かしたのは誰か」と天皇の責任を追及、否定する中曽根康弘首相と激しい論戦となりました。また88年12月には長崎市長だった故本島等氏が「天皇の戦争責任はあると思う」と発言し、波紋を広げるなど晩年まで度々論争の的となりました。

昭和の元号は終わるが戦争の記憶は消えることはない

■戦争の記憶は忘れられることはない

昭和天皇は、87年4月29日に皇居・宮殿で行われた天皇誕生日の宴会で嘔吐し退席。同年9月に手術を受けられ、一時的に復調しましたが88年9月に吐血して再び倒れ、89年1月7日に亡くなられます。昭和天皇の侍従だった故小林侍従の日記には、晩年まで戦争の影を引きずる天皇の苦悩が克明につづられています。アジアの国を侵略した大日本帝国を率い、太平洋戦争の開戦と敗戦に臨んだ天皇の脳裏に刻まれた記憶が、最後まで頭から離れなかったことがわかります。昭和天皇が一侍従である小林侍従に「細く長く生きても仕方ない」「戦争責任のことを言われる」と弱音を漏らしたのは、学徒動員で戦争を体験した小林侍従であれば信頼して胸中を直接明かすことができると思ったからでしょう。常時戦争責任の重圧に耐えていらした昭和天皇の心中が窺えます。

■戦争責任は国として負うもので天皇家が一身に背負う必要はない

敗戦から73年、だんだんと薄くなっていく戦争の記憶ですが、昭和天皇が晩年、どういう思いで「戦争」と「平和」を考えたのか、その心奥に触れる貴重な記録と言えます。昭和天皇が逝去された後も今上天皇明仁様は、かつて戦場となった地を巡って兵士たちの霊を供養しました。これは昭和天皇が無くなるまで消すことのできなかった戦争責任に対する継承ではなかったかと、思われます。そして災害が起これば被災地に赴き、被害に遭った住民の手を取り励ます。私的には天皇家が存続していることは“日本民族”として誇らしいことだと思っています。そして、かつての戦争責任に関しては故小林侍従が「戦争責任はごく一部の者が言うだけで国民の大多数はそうではない。」と書いています、その通りです。今や天皇家に戦争責任を問う者は一般の国民にはいないはずです、被災地で被害に遭った高齢者の手を握り首を垂れる両陛下に対して、誰がそんなことを言えるのでしょう。戦後73年、天皇家の戦争責任に対する禊は終わったのです。昭和天皇の安らかなる永眠をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA