猿の惑星、鹿の惑星、そして「熊の惑星」。長野県内で4年に一度の大量発生か!

引用 ihatovenote

鹿が増えて夜に鉄道沿いに出没して、時折、列車を止めるような事故が起こっています。住宅地には鹿が侵入して歩道を歩くOLさんを驚かします、山から下りてきて住宅地を渡り歩く猿も見られます。かつては「野生」とされ、人里から離れた地域で生活するのが当たり前とされてきた動物たちが人間の生活圏へと入ってきています。長野県ではクマの出没が増えています。4~6月に里地で目撃された件数は296件にのぼり、前年の2.4倍にもなっています。今年は4年に一度の「大量出没イヤー」だとする指摘もあります。

長野でクマが四年に一度の大量発生

■例年になく目撃情報が増えている

大量出没の年には秋以降も出没が増える傾向があることから、いくつかの対策が進められています。長野県の鳥獣対策・ジビエ振興室の担当者は、このように警戒を呼び掛けています「今年は4年に一度の大量出没となる可能性があります」里地での目撃情報をまとめた2005年以降、06年、10年、14年と4年ごとに目撃件数が跳ね上がっているからです。実際、今年の春以降の目撃件数は、すでに前年の件数を上回っています。8月の上旬には木曽町三岳の80代の男性が自宅近くでクマに遭遇し、顔や頭を引っかかれて重傷を負いました。上田市鹿教湯温泉では8月中旬、養蜂施設がクマに襲われ、養蜂箱が荒らされました。

■県も対策に乗り出している

例年だと山にまだ餌が少なく、農作物が収穫期となる8月が里地での目撃のピークなのですが、大量出没の年は平均で9月の目撃件数が平年の5倍以上の600件以上になり、10月、11月も出没件数がおおいままに推移する傾向があります。大量出没に備えて長野県は今年、新たな手を打ちます。クマは川に沿って山から里に下りてくるため、川沿いの樹木を伐採し、見通しを良くするのです。「クマは臆病なので、隠れる木が無くなれば下りてきにくい」(市担当者)といいます。河川まわりの伐採のため、長野県では森林づくり県民税を財源として1億1250万円を予算化しています。既に伐採を始めた王滝村や朝日村を含め、合計37ヵ所で伐採が計画されています。子供たちの安全対策を強化している自治体もあります飯山市教育委員会は6月、クマの目撃情報のある地域の小中学校に通う子供たちにクマよけの鈴84個を貸し出しました。その後も目撃情報が増えていることから、補正予算を組み、新たに100個を購入し、貸し出す予定です。

特定地域だけではなくクマの大量発生は起こっている

■人が襲われる人身被害も出ている

クマの目撃情報は長野県だけではなく、秋田県やその他地域でも増えています。やはり、どこの地域も4年に一度の大量発生なのかも知れません。秋田県では今春、ツキノワグマの目撃情報が20件を超え、昨年同期の6件の3倍を超えていました。4月末には山林で男性が襲われて重傷を負う事案も出たため、『ツキノワグマ注意報』が発令されました。例年よりも半年近く早い注意報でした。他県でもクマの目撃情報が例年より多く、人身事故も起こっています。山形県では猟友会の男性が、石川県では山菜取りの男性が襲われて重傷を負いました。

■その原因を辿れば「人災」に行きつく

クマの生態に詳しい茨城県自然博物館の後藤優介学芸員は「ツキノワグマの主食と言えるブナ、ミズナラ、コナラの実にはそれぞれ豊作と凶作の周期があります。ドングリ類の凶作が重なった年は、クマの目撃情報や人身被害が増加する傾向があります」しかし、ドングリが熟すのは秋、これから秋に向けて目撃情報や人身被害が増えることが予想されます。クマの増加もシカやサルの増加と同じように彼らの生息地域内における環境の変化が問題と考えられます。生息域に十分なエサがあれば人里に下りてくる必要はないのです。人は獣が増殖し「害獣」となったと騒ぎますが、「害獣」を作ったのは人間なのです。外来種の増殖もそうです、飼っていた外来種を勝手に放すからそこら辺の水路や川に妙な外来生物が増えていくのです。クマと言わず、大きく自然の環境変化を捉えて対策を行うべき時がきているのではないでしょうか、そうしなければ「サルの惑星」や「鹿の惑星」、「クマの惑星」となってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA