闘う女優に涙涙、樹木希林の試写会の挨拶に寄せた直筆コメントに「・・涙涙」

引用 ライブドアニュース

樹木希林さん、20代の頃から老け役を演じ、その独特な存在感は他の女優さんでは持ちえないものです。2013年3月8日の第36回日本アカデミー賞最優秀主演受有賞を受賞した際にスピーチで、全身が癌に侵されていることを告白しました。その後、2014年1月16日に1年半ぶりの癌治療が終了したことことを会見で発表していました。その後も精力的に女優としての仕事を続けられ、先ごろ話題となった是枝監督の「万引き家族」でも健在ぶりを見せてくれました。その樹木希林さんの最新作「日日是好日」が完成し、9月4日にプレミアム試写会が行われました。しかし、樹木さんは左大腿骨の骨折のため出席することができませんでした。

完成した「日日是好日」、プレミアム試写会が行われた

■高円宮妃殿下も参加

高円宮久子妃殿下をお招きして「日日是好日」(10月13日公開)のプレミアム試写会が4日に明治記念会館で開催され、上映前の舞台あいさつに黒木華、鶴田真由、鶴見辰吾、原作者の森下典子、大森立嗣監督らが出席しました。骨折で欠席となった樹木希林さんからは

「この度 高円宮久子妃殿下並びに同絢子女王殿下のご臨席を賜りまして ひたすら有難く頭を低れるばかりですー台風接近もともない申し訳なく 涙涙でございます 心 ふるえるような時をいただいてをります。平成30年9月1日 樹木希林」

と、直筆でメッセージが寄せられ、黒木華さんが代読しました。読み終わった後には、大きな拍手が沸いていました。

■直筆のメッセージに込められた思い

樹木希林さんはこの映画で主演の黒木華さんの茶道の先生を演じました。プレミアム試写会への出席を前にして左大腿骨骨折の手術を受け、その後、呼吸器系の臓器が弱ったこともあり、一時は危篤となったことも伝えられていました。届けられた直筆メッセージは病床の樹木さんが「なんとか」書いた跡が如実に残るメッセージでした。本文中の「涙涙」のくだりには聞いている者の方が泣かされてしまいます。平成13年に自ら癌の告白をし、闘病を続けている樹木さんですが、重篤な状態であっても自分の仕事を忘れない、その姿勢に頭を低れるばかりです。

重篤な状態が続いている樹木希林

■共演の黒木華からリスペクトの逸話

共演した黒木さんは「本当にかっこいい方。現場が朝早くても、ご自分で車を運転して来られた。『なんで、そんなにかっこいいんですか』と聞いたら『そうなのよ。私は自分の周りにはかっこいいものしか置かないようにしてる』と言われた」と先輩女優をリスペクトしていることを明かしました。昭和の大スターと呼ばれた俳優さんたちが次々に亡くなっていかれます、樹木さんは主演を演じて本数をこなしてきた女優さんではありませんが、その存在感は他の女優さんでは遠く及びもつきません。若いころから老け役を演じ、樹木オリジナルのキャラクターを創り上げて来た、その実績に並ぶ人はいません。

■また「かっこいい」ところを樹木スタイルで見せてほしい

娘婿の俳優・本木雅弘さんが8月30日にイベントに登場し、樹木さんが一時危篤状態だったことを明かしました。関係者の話では、現在も声は出せない状態ということです。早期のご回復をお祈り申し上げます、それとともに、「ゆっくりされてはいかがですか?」と申しあげたい。仕事をしなければと思えば、それなりの気力と体力を必要とします。もう十分なものを見せていただきました、どうか、ゆっくりと体調を整えてください。また「かっこいい」ところを見せていただきたいと思います。どこにもない樹木スタイルはあなたでなければ見せられないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA