「試着専門店」をどう考えるか、11月から導入予定のGUやお試し済みのZARAは導入効果があるのか?

引用 GU

低価格カジュアル衣料を販売するジーユー(GU)が「試着専門店」を東京・原宿にオープンさせることを発表しました。近年、若者を中心に洋服もネット販売で購入する層が増えていますが、果たして実店舗のショールーム化によって消費者の利便性は高まるのでしょうか?ジーユーが今年11月にオープンさせると発表した試着専用のショップは、すべての商品が揃っていて、店内で触ったり試着したりして気に入った商品をその場からネットで注文し、自宅や最寄りの店舗などで受け取る仕組みとなるようです。

試着専門店ということは、どういうことなのか。

■販売方法には一長一短がある

古くは「クリック&モルタル」と呼ばれ、最近だと「オムニチャネル」と呼ばれている形態です、ネット通販を使い慣れた人ならともかく、実店舗派の人からすると、めんどくさくて、何がすごいのか分からないと思いますが、最近流行っているネットとリアルの融合した形です。目に見えるメリットとしては、大量に買っても、重い紙袋を両手に帰らなくてもいいということくらいでしょう。しかし、買ってすぐに着たいという場合には間に合いませんので、一長一短があります。

■最初は「エバーレーン」だった

ジーユーが試着専門店を持つ必要性は感じられませんが、今後のネット販売をにらんだ、将来に向けてのテストパターンだと思われます。原宿のこの店だけでは大きな効果が得られるとは考えられませんし、中長期的な視点に立った布石だと考えるべきでしょう。ネット通販を前提とした「試着専門店」の形態は、既に今年の5月9日~8月29日まで、ZARAが六本木で試着専門店を出店していました。この「試着専門店」は「エバーレーン」というアメリカ・サンフランシスコに本社を置くネット販売の専門会社が設けたのが最初です。

これからの販売方法を模索するアパレル各社

■ネット専用店には「試着」があった方が良い

ネット通販のメリットは、インターネット接続されているパソコンかスマホがあれば、いつでもどこでも商品を購入できるのが最大のメリットです。慣れるまでは大変ですが、慣れてしまえば自宅や電車の中からでも買い物ができます。また、時間帯も早朝や深夜でも大丈夫です。しかしデメリットは「触ることができない」事です。すべての商品に言えることですが、肌触りや触感、サイズなどが重要となる洋服にとって大きなデメリットとなります。生地も各ブランドによって違いますし、その厚さも異なります。最も問題になるのがサイズです、各ブランドによって表示サイズが同じでも、実際には袖が長かったり丈が短かったりと違いがあります。そのため、ネット専用店の場合には試着専用店が必要になるのです。

■ネットとリアルのバランスが大切

しかし、ジーユーやZARAは実店舗を数多く展開しており、試着専用店の必要性はないように思われます。(ZARA 店舗数100店舗、ジーユー 店舗数300店舗)どちらも、ある程度の地方都市まで出店しており、商品が見たければ店舗に行けば済みます。一方、販売業者側からするとネット通販には、実店舗にないメリットがあります。それは運営費用の大幅な削減ができることです、家賃、光熱費、人件費などの軽減が可能になります。ジーユーもZARAも大型店舗が多いため、不採算店をネットで代替して切り替えていけば、効率化を図ることができます。しかし、問題は“在庫”の一元化です、ネット上で在庫なしとなっていても店舗に在庫が残っている場合もあります。その場合は、店舗をまわることになってしまいます。在庫管理は今後の問題としても、AMZONでさえリアル店舗を抱えなければ売り上げを伸ばすことができなくなってきていることをご存知ですか?結局、リアル店舗はコスト面から店舗を減らし、その分をネットで、ネット店舗はある程度の売上規模まで来ると壁にぶつかるため、リアル店舗が必要になるのです。どうですか、やっぱ人間はバランスを求める生き物なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA